教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 教えて!大久保院長ブログ

初期サーマクール⇒CPTへ

2012.12.27レーザー治療機器

サーマクールは今や第3世代のCPT 麻酔も不要、安全で痛みもほとんど気にせず 熱効率(引き締め効果)も格段に優れています。 2002年  米国販売開始 サーマクール日本導入 ⇒ 第一世代(旧...

続きを読む


定評のあるマシンとは

2012.11.28レーザー治療機器

猛烈な吹雪が過ぎて 今朝は冬晴れの朝。 いよいよ師走がやってきます。 ところで、美容皮膚科のケアの中には その効果を判定するために必要な時間にばらつきがあります。 ①シミ取りレーザー(...

続きを読む


シミ取りから2週間で

2012.11.17レーザー治療機器

Qスイッチレーザーによって シミ取りなどを目的にレーザーをあてますと シミの部分では、極々瞬間的にミクロの世界で メラニン(メラノソーム)へ光が吸収されて 熱エネルギーと変わり 分解され...

続きを読む


手ごわい肝斑へのレーザートーニング

2012.10.21レーザー治療機器

肝斑は特徴のある「一種のシミ状態」ですが、 日光のシミに用いるいわゆるレーザーでのシミ取り(HLLT)は 今ではほとんど行われません。 代わりにレーザートーニングが一般的になってきまし...

続きを読む


シミ取りを隠れてするか!?

2012.09.09レーザー治療機器

スーパーのレジに並んでいたり 札幌の人の集まる場所にいますと 時々、頬にテープを貼ってる方を見るのは 今では普通になっていると思います。 シミ取りも日常の光景になってるんです。 一昔...

続きを読む


シミ取り後のミニマム(最低限の)ケアは

2012.06.24レーザー治療機器

メラノサイトというメラニンを造りだす工場の細胞は 通常無くなることはないので、 東洋人は 全身にメラニン色素をもっています。 レーザーでシミ取りをした部分も メラノサイトが再度活性化し...

続きを読む


シミ取り その後に

2012.06.10レーザー治療機器

シミ取りのために QスイッチレーザーをつかったHLLT(高出力レーザー治療)では どの機種を使っても、東洋人では一定の割合で かさぶたが取れた後、二次性の色素沈着といった 色の戻りの反応...

続きを読む


偽造部品について(サーマクール)

2012.05.17レーザー治療機器

サーマクール治療に使用する 消耗部品(チップ)について 正規製造元である ソルタ・メディカル社から 各医療機関へ向けて、注意喚起文書が送られてきました。 「偽造・再生サーマクールチップ」は...

続きを読む


シミ取りかさぶたその後に

2012.03.02レーザー治療機器

シミ取りのレーザー治療で かさぶたができる方法(HLLT)では 顔や手などの治療した部分に 不思議なかさぶたがついて しかも 1週間近くテープを貼って過ごす という 日常には無い状況を経験...

続きを読む


炎症後色素沈着?

2012.02.23レーザー治療機器

私たち 東洋人の肌でシミ取りを行う際 KTP532レーザー であれ IPL(光治療)であれ どうしても 避けて通れない反応があります。 それが「炎症後色素沈着」です。 要するに シミが取れるゴ...

続きを読む