教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 教えて!大久保院長ブログ > お薬 いる? いらない??

お薬 いる? いらない??

2013.10.10院長日記

 

季節の変わり目で

しかも なんだか気温が高いのか 低いのか

はっきりしない感じで

風邪をひきやすく さらに注意したいですね。

 

ところで

なんだか調子が良くないので

内科や小児科を受診してみたら・・・

「薬は必要ないから このまま帰って良いですよ」

と言われたとしたら

あなたならどう思いますか?

風邪症状の多くがウイルスに原因があるので

使える薬(有効性や必要性の点で)も少ないのですが

だるい体を押して受診したなら

「折角きたから薬は欲しい」

「念のため解熱剤くらいは出しておいて」

「もしかしたら 風邪じゃないかもしれないから」

なんてコメントの一つでも 言いたくなるのが人情。

ここで そのドクターのスタイルが決まります。

鑑別診断がきちんと済んでいれば

医療の問題というよりも 対応スタイルでしょう。

保険診療ですから できることと できないこともありますし。

以前聞いた話で

「新しく開業されたあの先生は

すぐ点滴してくれるから いいよね」

と馴染みの患者さんから言われて

古くから人情診療をやっていた高齢のドクターが

ぼやいていたことがありました。

 

シーズクリニックは 美容皮膚科のケアを行っていますが

「念のため 美白の薬をください」

とか

「予防の為に 必要なのも出してください」

なんてことは まず言われません。

それどころか

必要でも 「お金かかるから要りません」

と言われる方が多いようです

(シーズクリニックは

薬より レーザー治療がメインだし、

完全自費治療という事情もあります・・・

あと、薬はむしろ予防目的が中心)。

必要ないのに処方される薬 と

使った方が良いのに使われない薬。

どう思われます??

**************

美肌の基本は 予防ですよね?

夏にたまったシミの芽を 秋から摘んでみては?

こちら