教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 教えて!大久保院長ブログ > どちらを選ぶ?

どちらを選ぶ?

2013.10.06院長日記

私の左下7番の歯(親不知の1本手前)は

長年苦しんだ歯でした。

(一応 昔 歯学部にも少し在籍してたので

事情はそれなりに把握していました)。

 

20代の頃、8番の親不知が

埋伏智歯(親不知が埋まってる)となっていて

しかも 横に倒れて前にむかって動き出しる上

骨の中の大きな神経とも近いから

抜歯も難しい・・ ということで

大学病院の口腔外科へ紹介され 手術となったのですが。

その際 どうしても周囲が破壊され

手前にあった 7番の歯も

茎に当たる部分に虫歯がありました。

 

30代になって 進行とともに痛みも強くなり

歯の根の処置を受けたのですが

どうも 不調が続き・・・

そして 40代になった今回、

良医の処置にて 10年近く悩んだ7番の根の再治療で

やっと蘇りました。

とはいえ、親不知抜歯の際の骨の破壊があり

近々 そこに人工の骨を埋める手術を受けなければいけません。

 

歯科も医科も

保険治療は日本が誇るシステムです。

ただ 私のように

「保険でしかできない範囲(治療内容、かける時間など)」

という問題もあって

「本当ならもっとできたかも」というところについては

残念ながら 手つかずになり

結局その後 何年も苦しむということに

なりがちのようです。

***********

シーズクリニックは 美容皮膚科で自費治療のみ。

保険診療は 行いません。

その理由が こういう事情でもあるのでした。