教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 教えて!大久保院長ブログ > をとこ(男)もすなる日記というものを

をとこ(男)もすなる日記というものを

2013.01.20院長日記

センター試験2日目の札幌は
雪でも 0度前後の朝です。

今日は 徒然雑記。
紀貫之の土佐日記の書き出しを拝借して。。。

さて先日、ふと見た番組が面白く
ファンになってしまったのは
BS・TBS 「徳さんのお遍路さん

昭和の時代を私は小学生として過ごしたので
毎朝登校前に
ズームイン朝のメインキャスターだった徳光さんと
英会話のウィッキーさんを視てました。
私の実父と同世代でもあり 親近感もあります。

今、札幌に暮らしていますが
もともと私のルーツの片方は 阿波の国と聞いています。

人生初めて一人暮らしを始めた18才の学生時代の町が阿波、
その後再受験して6年を過ごしたのが土佐、
人生の善い肥しとなった相手は伊予、
今の業態で初めて施設を任されたのが讃岐、
不思議と お遍路の順番に出来事がありました。
四国は41年の人生の中でも 思い出深いものです。
(札幌の友人が 数年前にお遍路に出向いた時
白装束をお土産にいただきました。
私自身は 一度も遍路へいった事が無いのですが・・・)

71歳の徳光さんは 心筋梗塞から回復後の身体。
体力的にも苦難の遍路道に四苦八苦。
それでも、青息吐息の山道で披露された
得意の川柳(駄洒落川柳?)が秀逸。

「うぐいすが なぜにほけきょう(法華経) へんろみち」

(お大師さん(弘法大師空海)は 真言宗)

笑いあり 涙あり。

今年は式年遷宮の年。
昨年は仕事で出張の後、ひとり足を延ばして
実は一番の目的でもあった初めての伊勢神宮へ詣でました。
(笑える旅話は メルマガにて 配信しますね!)

本厄があける節分まで あと少し。
この一年は 身体のトラブルに見舞われ続けましたが
何かのご加護か 今日も頑張って生きております(笑)