教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 教えて!大久保院長ブログ > シミ取り たるみ も

シミ取り たるみ も

2013.10.12院長日記

小学校の低学年の頃の記憶ですが

おじいちゃん・おばあちゃんの家に行くと

秋の収穫を終えて残った柿が

わずかに数えるほど木に残っていて

それを なんとか取ろうとしてました。

冬を迎えて 熟してるので 甘いのは確実。

 

竹竿の先端を二つに割って

柿の実の枝をそこにはさんで くるっと回すと

枝ごと柿が取れることを知って

やってみました。

まだ身長120㎝程度。

竿の端を持って う~ん う~ん とやってると・・・

 

横からやってきたカラスに 見事に取られてしまいました。

 

今度は もう一方のおじいちゃん・おばあちゃんの家へ行くと

遥か高い崖?のような 裏山の上に

渋柿が 一つ、十分すぎるほどに熟して 生ってます。

でも とうてい取れないのがわかってました。

「裏山は危ない」

「大きな蛇がいる」

などなど 脅されていたので

直接踏み込むことも難しかったのです。

さっきのように簡単に採れるはずのカラスでさえ

あえて取らないのは

きっと実が熟すのを待ってるんだと

自分勝手な想像もしていたりして。

いいなあ、さぞかし渋柿もおいしいんだろうなあと。

ところが。

年上の親戚が さっさと山へ登って

その 見上げて指をくわえていた例の渋柿を

採ってきました。

・・・・

・・・・

・・・・

なんか 拍子抜け。

こんな ものか。

取れない間は いろいろ勝手に想像したり

ああでもない こうでもない とやってました。

でも、いざ手元にあっけなくやってくると・・・。

 

きっと こんな経験をされた方も いらっしゃるのでは?

レーザーでのシミ取りや

たるみケアの サーマクールCPT などに

初めて取り組まれる方のお気持ちも 良く似ています。

やるまでは

ああでもない こうでもない

HPや口コミ?とか見ては

リスクがどうした、美容は怖い とか

色々考えるでしょう。

でも、

私の 渋柿体験と 同じです。

横から見ている 私たち(カラスや年上の親戚)に

お任せください。

柿をさっさととってしまうように

懸案は あっけなく 終了しますよ。

*************

美容外科でのフェイスリフトにはまだ抵抗がある方。

美容皮膚科の世界標準ケア

サーマクールCPTに トライしてみてください。