教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 教えて!大久保院長ブログ > あるダイエットの失敗

あるダイエットの失敗

2013.10.20院長日記

その方は いわゆるジムとかフィットネスクラブに通うことを3か月連続で通えたためしがなかったのだとか。

折角入会金・月額会費・その他もろもろを投資したにも関わらずです。

 

ある時加入したのが自宅から歩いて2-3分でも通える施設でした。

雨が降ろうと、大雪でも吹雪でも、普段は 雨や冬の吹雪きの中を通勤のために数ブロック(1ブロックが100mとして)も歩けるのですから2-3分の距離なら どんな天候でも きっと通えるはず。

 

どんなにスケジュールが忙しくてもたった2-3分の場所。時間が取れないはずがありませんよね。

これならサボる口実が出ようはずもない。

 

そして数か月の後には通い続けた努力が実り初日に見かけたインストラクターの先生のように引き締まった 理想的なスリム体型になり自分も どんどん重い器具を持ち上げ仲間入りをするんだ!

と春先の1か月は意気揚々。なんと週に2-3度も通ったのです。

しかも 自分から重い器具を持ち上げたり、屋内トラックをぐるぐる走ったり、バイクを漕ぎまくったり、水泳もやったり。

盛りだくさんのメニューも +αでこなします。

 

ところが。

GWが過ぎ、夏祭りの時期にもなると飲み会やビアガーデンなどビールを飲む機会も増えあつかった決意も 崩れ始めます。

その頃の言い訳は 次のようなものでした。

 

「今日は雨が強い。やめておこう」

「おおっと、うっかり着替えを忘れた。明日にしよう」

「今日は疲れた。ビールでストレス発散だ」

「昨夜は飲み過ぎたのかも。二日酔いは体を休めるに限る」

 

そして秋のオータムフェストも終わり雪が舞う頃には あのコメントが出始めます。

「寒い。こんな吹雪じゃ 温まった体が逆に冷える」

 

さらに追い打ちをかける驚愕のデータが明らかになります。

 

「ひと泳ぎ 1万円」

 

施設に付属するプールで 15分程度1回泳ぐためだけに月額会費を支払う状況になってしまっていたのでした。

「その月は 15分プールで泳ぐことだけで 終了・・・・」

 

この時。

「もう やめよう」と。

そうして、引っ越すだのなんだの理由をつけて敢え無く 肉体改造という 無駄な抵抗が終了したのだとか。

*****************

 

笑ってください。

これは 私の実話です。

 

でもこの話を読んでもし あなたが 「そうなんだよねえ」と共感していただけるのでしたらもっと簡単なダイエット方法を 試してみてはどうでしょう?

 

トライアスロンに出る予定もないような

一般社会人向けの

「手軽な ちょこっとダイエット」が目的でしたら

激しい努力で肉体改造をする必要はないでしょう。

 

苦しい負荷を体にかけずに取り組めますし

自宅でケア商品を試すだけ。

それは

手軽な口スプレー(スリーエフ)をシュッとして食事をセーブ

②時々 脂肪分解のマシンを受ける

③できれば ちょっとマズ目?の あるジュースを夜飲む

 

(注)

もちろん フィットネスはすばらしいです。

やる気にあふれて 強い決意を全うできる方には

申し分のない施設と思います。

ただ、実は結構な数いるとされる

私の様なドロップアウトタイプは

どうすればよいでしょうか?

今日はそれについて お話しています

 

追伸:

近々 新しいダイエットサポート商品を

ご案内できると思います。