教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 教えて!大久保院長ブログ > 聞くより体験

聞くより体験

2012.09.15院長日記

残暑なんて言葉は 札幌には不似合いなのですが
今年の雑談の話題は異例の気候ばかり。
知床の激やせクマ、札幌住宅街へ出没する小熊、
遡上してこない鮭、スコールのような雷雨。
そして 今日も日中30度予想です。

シミ取りやイボとり、フラクセルレーザーなど
いわゆるダウンタイム(赤み、メーク制限等を指す言葉)を伴う治療で
涼しくなる秋から冬にかけて、計画されるケースも多いです。

ダウンタイムと言ってしまえば なんとなくわかりやすいのですが
赤みなどについては、個人差(これも便利な言葉)があり
同じ人でも違う部分では、全く異なる反応がでるものです。

赤み、痛み、かさぶた、テープという話については
私がしゃべりつくして頭で理解していただいても、
当然なのですが、予想・実感できるかどうかはわかりません。
ですので初めての場合、当施設では 可能な限り、
まず体験・テスト・トライアルを
勧めています(シミ取りレーザーHLLTは別)。

ご自分で必要最小限の範囲でダウンタイムを経験されると
その後の計画が立てやすくなります。