教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 教えて!大久保院長ブログ > 肌だけでなく心のケアも大切です

肌だけでなく心のケアも大切です

2014.08.15院長日記

葉室頼昭(はむろ よりあき)さんという 春日大社の宮司さん(神職や巫女をまとめる神社の長)がいらっしゃいました。

大阪大学医学部を出られ、形成外科の医師から神主さんになった方です。

 

肺結核で生死の境を彷徨う中で、たくさんの本を読み「人は生かされて生きている」と気付かされた経験から医師の道を選んだそうです。

神主さんになってからは、わたしたちが触れることの少ない祝詞(のりと)などを、わかりやすく解説されている本が多数出版されています。

 

穢れ(ケガレ)とは、気枯れ

怪我や病気、災難などの不幸な出来事はケガレと言いました。

でも穢れ(ケガレ)は、気枯れ(気が枯れる) というのが本当の趣旨なのだとか。

だから気枯れとは、元気なかったり、落ち込んでたり、気分が冴えない、何ともやるせない状態。

 

美肌のケアで、心も充実される方も多くいらっしゃいますが、「ちょっと気が枯れてきた」と思われたら、気分転換に遊んだり、飲みに行ったり、パワースポットを 巡ったりして、心のケアをされてみてはいかがでしょう!