教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > シミ治療 > 日焼け止めの効果的な使い方

日焼け止めの効果的な使い方

2014.07.10シミ予防・治療法

7月に入り、札幌も本格的に陽射しの強くなるシーズンが到来しました。

シミ・シワ・たるみなどの原因となる、紫外線ケア(日焼け止め)が欠かせない季節です。

陽射しを浴びることが予想できる日は、予めUVケアを意識的にしてください。

 

日焼け止めの使用アドバイス

 

今お使いの日焼け止め

基本は説明書に従って使います。

お顔の場合、液状のものは1円玉サイズを肝斑の出やすい頬骨の高い位置や、鼻の根元などを中心に伸ばします。

同じ分量を何度か繰り返すと、より効果的でしょう。

 

クリーム状のタイプは、ブルーベリーサイズや真珠一つくらいのサイズで使用します。

良くアドバイスされることとして、2~3時間ごとの塗り直し。

SPFやPAの数字の大きさだけを過信しない事が大切です。

 

化粧下地

メイクのノリを良くする効果にプラスして、UVカット効果もあります。

 

ファンデーション

使い慣れている化粧品が基本ですが、UVの強い時期はパウダータイプよりリキッドタイプの方が効果的でしょう。