教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > シミ治療 > シミの原因となる紫外線について

シミの原因となる紫外線について

2016.08.25シミ予防・治療法

43b175c7f5686e5dc530e586940327fa_s

あなたの肌が毎日浴び続けている紫外線。
紫外線を浴びると日焼けをしますが、加齢に伴いシミやソバカスとして肌に現れやすくなってきます。
これからもずっと付き合っていく大切な肌のために、紫外線による日焼け、肌に現れるシミについて理解しておきましょう。

 

紫外線が日焼けやシミの原因になるメカニズム

紫外線を浴びると、肌は黒くなります。

いわゆる「日焼け」です。
日焼けの原因は「メラニン色素にある」、ということは何となくご存知かと思いますし、メラニン色素は「肌が黒くなる」という嫌なイメージがあるかもしれません。

しかし、メラニン色素はけっして悪者ではありません。
実は、肌が黒くなるのは、メラニン色素が紫外線ダメージによる肌の細胞核を守っている証拠です。
紫外線を浴びつづけると肌の真皮層の皮膚細胞が破壊されてしまいますが、メラニン色素は、皮膚細胞を破壊する紫外線が肌の真皮まで行き届かないよう紫外線を吸収しているのです。

メラニン色素はあなたの肌に対して大切な役割を果たしています。

 

メラニン色素が「肌を黒くする」だけではなく、シミとなるメカニズム

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

ではなぜメラニン色素が、日焼けにとどまらずシミとなって現れてしまうのでしょうか。

それは、加齢による新陳代謝の低下、肌への過度の刺激・ストレスなどで肌の修復力は衰えている中、紫外線を長時間浴びたり、強い紫外線に無防備でいることで、メラニン排出が追いつかないためです。

紫外線に応じてメラニン色素は盛んに生成され、その後、通常なら貯まったメラニン色素は角質~アカとなって細胞とともにはがれ落ちます。
この一連を「ターンオーバー」と呼びます。

しかし、肌の修復力は衰えている中でメラニンがたくさん生成され続けると、メラニンの生成量に対してターンオ―バーが追い付かず、排出されるはずの メラニンは滞留してなかなか消えてくれません。
そして、最終的には消えず細胞などに取り込まれたまま残ったメラニン色素が部分的に蓄積します。

これがシミ(老人性色素斑 日光黒子)のできる原因です。

 

紫外線によるシミ。時間をかけて増えていきます。

シミは、紫外線を浴びたからすぐ出るというケースはありません。
まれに、女性で突発的なホルモンバランスの変化があり、なかったはずのシミが突然出てくる場合はありますが、通常シミは何年も、何十年も前から少しずつ紫外線を浴びてきた影響で育っていきます。

「朝 目覚めたら大きなシミが出来ていた」なんてのは全くの嘘です。

1mm程度の細かなシミの芽が、今日、明日、明後日とじわじわ少しずつ増えていくのです。

 

シミを予防する紫外線対策

d126c2ab146cae1719cd350ead0e7088_s

今浴びている紫外線が影響して、数年後のシミとなって現れるとすれば、これ以上シミが増えないように、紫外線ケアが重要です。
紫外線を浴びる前にしっかりと紫外線対策を行いましょう。
手の甲や足の甲など忘れがちな部分も、可能な限り日焼け止めなどでブロックすることが大切です。

とはいえ、美容に大敵のUVも骨を作るという点ではある程度必要なエネルギーなので、あまり極端なUVケアは返って不健康になります。
紫外線が強すぎる時間帯を避けて、少し 日光を浴びる工夫をすることで「美」と「健康」が充実します。
日焼けをなるべく避けたい方は、カプセルタイプの飲む紫外線対策で全身内側から防御する方法も効果的です。

また、赤外線を中心としたバイオプトロンという美肌機器もオススメです。
肌によくない紫外線は一切入っていなく太陽光のいい所のみを再現した、肌細胞をイキイキと活性化させる美肌機器です。

こちらでご紹介しています。
バイオプトロンの美肌効果でふっくらもちもち肌へ

 

目に入る紫外線も、シミの原因になります。

450b174cbbed1b74ec81cda5b0f6794e_s

紫外線によってできるシミの対策として、「目」の対策も必要です。
肌が直接紫外線をあびていなくても、目から入る紫外線に脳が反応してメラニン色素を作るよう信号が送られます。
肌に日焼け止めを塗っても目から紫外線が入ってしまってはシミ対策は不十分です。

サングラスなどして、目から紫外線が入らないよう対策をしましょう。

こちらの記事で詳しくご紹介していますので、ご参考くださいね。
目から入る紫外線でシミが出来る

 

うっかり日焼けをしてしまったら・・・

紫外線ケアをしていても、完璧にはなかなかできないものです。
うっかり日焼けをしてしまうこともあるでしょう。

日焼けは肌が炎症を起こしてしまっている状態なので、まずは冷やしてほてりなどを沈めることが大切です。
保冷材をガーゼなどで包み、肌に当てるなどすると良いでしょう。
その後丁寧にスキンケアをしましょう。

メイクをしている肌は、丁寧にクレンジング・洗顔をしてから冷やし、その後丁寧にスキンケアを行ってください。

 

KE146_350A