教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 教えて!大久保院長ブログ > シミ取りを隠れてするか!?

シミ取りを隠れてするか!?

2012.09.09レーザー治療機器

スーパーのレジに並んでいたり
札幌の人の集まる場所にいますと
時々、頬にテープを貼ってる方を見るのは
今では普通になっていると思います。

シミ取りも日常の光景になってるんです。

一昔前、シミ取り後には
まるで大けがでもしたのか?と思わせるような
古臭い絆創膏を貼っていた時代(今もそういう施設はあるが)でしたが
今では、ちょっとしたキズテープ的なものです。

気になるシミをレーザーで取る場合
周りに宣言してとるか、隠れてとるか?

どうしてもテープは貼れない、という方には
次善策として、フォトシルクプラスでの光によるシミ取り、
あるいは、レーザートーニングと強力塗り薬など
秘かにやれる方法もあります。

またたるみのケアについても
今のサーマクールCPTは、まず誰にも知られずに
ご自分もほとんど以前の様な苦痛?を味わうことなく
粛々と済ませることができます。

美容皮膚科のケアは、今では隠れて秘かに
受けるもの。