フラクセルレーザー2 - 治療器機Machine

トップ > フラクセルレーザー2 - 治療器機

フラクセルレーザー2

新しい肌へ再生、キメを整え気になる毛穴レスな「赤ちゃん肌」へ

フラクセルレーザー2は、肌の修復ではなく「新しい肌」にリセットする治療機器です。
今までのレーザー治療や光治療は、「面」で治療する今までのケア(肌症状の改善)に留まっていましたが、
フラクセルレーザー2は、マイクロ単位の極めて小さい「点」で皮膚に穴を開け、1回の照射で5~10%の皮膚の入れ替えをします。

肌の表面から深い部分までを一度にレーザー除去をし、加齢とともにダメージを受けてしまった疲れた肌を生まれたての若い肌に入れ替えるので「アンチエイジング治療」に適しています。

表皮のバリアゾーンと呼ばれる皮膚の保護機能は損傷せずに新しい「赤ちゃんのような」肌へと再生していく、画期的な治療機器です。

症例数50,500件突破しました!グループ総数(2017年2月末)

適応

  • ニキビ痕クレーター
  • 肌質の改善(キメを整える)
  • 毛穴の開き
  • 瘢痕などの傷痕
  • 妊娠線
  • 毛孔性苔癬

症例

フラクセルレーザー2の美肌治療

表皮上層~中間層に至る組織に微小な穴を開け、で熱ダメージを与え、熱ダメージを受けた組織の周囲にある正常な組織から急速に再上皮化(皮膚の産生)させていきます。
照射スポットの周囲組織は生きた状態で保たれ、マイクロ単位でダメージを受けた組織の周囲が正常な生きた細胞で囲まれて、24時間以内の迅速な再上皮化が可能です。(一般に大きい傷の治りは遅く、小さい傷の治りは速いという現象と同じ)

フラクセルレーザー治療は、角質より深い部分に作用しダメージを受けた組織を排出して同時にコラーゲンを増殖させ、肌のキメを整え気になる毛穴の悩みも解消したり、ニキビ痕による凹みをなめらかにする作用があります。
ただ肌の症状を改善するだけでなく、光のパワーで皮下のコラーゲンの生成力をアップします。
肌のターンオーバーも促されるため、ハリと潤いが溢れる素肌も実現可能です。
皮膚としてのバリヤーの役目によって化膿もせず痛みもありません。皮膚に負担がかかることなく、痕はほとんど残りません。

治療直後から化粧やヒゲ剃りも可能です。1~2日ほど赤みがでることはありますが、ダウンタイム(治療を受けてから日常生活が普段通りに戻るまでの期間)もほとんどなく、顔はもちろんのこと、これまでの治療では施術が難しかった首やデコルテ、手の甲などへの治療も可能になりました。治療間隔は2~4週間です。
また、治療後1~2日、日焼けのような発赤やほてりはありますが、確実に表皮を再生させていきます。治療後にガーゼやテープを貼って過ごすというような日常生活への支障(ダウンタイム)はありませんので、気軽に治療計画を立てることができます。

「いつまでも触っていたくなるような、なめらかな肌」へ導くことを目的としていて、劇的な美肌・整肌効果が得られることが、大きな特徴です。
あらゆるトラブル肌そのものを入れ替えて、トータル的な皮膚の活性化を目的としています。

※フラクセルレーザーは、アメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)の承認も受けているので、安全性や効果についても信頼のある治療機器です。

フラクセルレーザー2照射前

シミやくすみなど、トラブルが表皮で起こって入る肌は、真皮層のコラーゲンが減少しスカスカな状態です。

フラクセルレーザー2照射
スタート

レーザーがあたっていない部分は、組織が生きたまま存在します。

フラクセルレーザー2照射1時間後

レーザー照射された表皮~真皮層の組織の部分に熱ダメージが加えられています。角質層は水分を含まないので、レーザー照射に反応せずダメージやダウンタイムはほとんど生じません。

照射6〜8時間後

レーザー照射されていない周囲の生きた細胞が、ダメージを受けた組織を包み込むように再表皮化が始まります。

照射24時間後

ダメージを受けた表皮の組織の細胞は、再表皮化により上層へ押し上げられます。
真皮層ではレーザーの熱によるたんぱく質変成が起こり、高密度のコラーゲンが産出されます。

照射4日〜1週間後

レーザー照射された表皮~真皮層の組織の部分に熱ダメージが加えられています。
角質層は水分を含まないので、レーザー照射に反応せずダメージやダウンタイムはほとんど生じません。

治療の流れ

  1. 1.メイクを落として洗顔(治療部位が顔の場合)
  2. 2.表面麻酔を塗布する(30~60分間)
    熱による痛みが多少あるため、治療部位に麻酔クリームを塗ります。
  3. 3.レーザーを照射
    1回の治療で、約15%の表皮が入れ替わります。
  4. 4.クールダウン
    治療後は少し日焼けのような赤みや熱感があります。
  5. ※ 治療後翌日からフルメイクが可能です。

よくあるご質問

フラクセルレーザー2の治療中は、痛くないのですか?

チリチリとした痛みを伴いますが、表面麻酔で対策をとっています。ある程度緩和されますが、全くの無痛ではないです。※痛みには、個人差があります。

治療は、何回くらいで効果がでますか?

肌が入れ替わる感じは、1回目の治療から実感できますが、ニキビ痕や瘢痕治療の場合は、数回の治療が必要です。回数を重ねるほど効果が大きくなるのがフラクセルの特徴です。※治療効果には、個人差があります。

治療後の赤みや腫れは、どれくらい続きますか?

赤み、腫れともに、長くても1週間以内でおさまります。しかし、エネルギー設定により通常より長く続く場合もありますので、不安なときはご相談ください。

治療後、色素沈着などは出来ませんか?

紫外線やこすったりする刺激で、一時的な色素沈着を起こす場合があります。照射後の肌は、極力デリケートに扱うように。また色素沈着を予防と次回の照射の効率を良くするために、「ハイドロキノン」を使うことを推奨してます。

治療後に、予定を入れても大丈夫ですか?

フラクセル照射後も、角質のバリア機能は残りますので、メイクをすることも可能です。多少の赤みや腫れはありますが、日焼け止めさえしっかりすれば、普通に生活していただけます。

料金

治療器機/
手法
フラクセルレーザー2
価格(税別) 顔全体
60,000円
両頬 + 鼻or顎
50,000円
1ブロック(鼻or顎)
15,000円

1cm² 5,000円

備考 ※その他再来手数料 1,000円 ※諸費用別途

フラクセルレーザー2を使用しているシーズの治療メニューはこちら

肌への悩みをかかえている方の大半は、「シミとくすみ」など複数の混在した悩みです。当院は、お一人お一人を美肌へ導きたいという想いから、様々なお悩みに対して同時にアプローチして改善していく「トータルケア」を設けています。

ご予約

完全予約制【休診日】 月・火・祝日
【電話受付時間】10:10〜13:30/14:30〜19:10