教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 教えて!大久保院長ブログ > 肌の炎症、乾燥、ニキビ痕は半導体レーザー治療で解決

肌の炎症、乾燥、ニキビ痕は半導体レーザー治療で解決

2015.11.05レーザー治療機器

「長年のニキビ痕への悩み」「高出力レーザー後の色素沈着」「季節の変わり目や急な気温の変化で肌が乾燥したり赤みが出たり不安定な、ゆらぎ肌」

このような悩みを持っている方は多くいらっしゃいます。

そんなトラブル肌の治療に大変有効な治療が、低出力レーザー「半導体レーザー」です。

semiconductor_machine_img01

 

見過ごされがちな傷痕や炎症、ゆらぎ肌もケアが大切です

美容を専門としていないクリニックでの一般的な傷痕や、ゆらぎ肌等の処方は、「保湿」「ビタミン」「弱いステロイド剤」がほとんどですが、これらはご自宅でのセルフケアです。
症状がよくなるまで時間がかかってしまうことが多々あります。

傷痕やゆらぎ肌は、シミやたるみのような進行していく老化現象とは関係ないと思われやすいこともあり、治療を諦められたり見過ごされがちです。

しかし、ゆらぎ肌は肌が不安定な状態。実は老化を招きやすい状態なので、肌の本来の美しさを引き出すためには、シミや肝斑などのケアと同様にゆらぎ肌や傷痕などもきちんとケアしていくことが大切なのです。

 

半導体レーザー治療で長年の肌トラブルをじわじわ改善

半導体レーザーはゆらぎ肌の症状や、主に下記のような肌トラブルに対し、副作用なく安全にじわじわと肌を改善をしていきます。

・ニキビやニキビ痕
・高出力レーザーの色素沈着
・炎症・腫れ
・カサカサ肌
・アトピーの痒み
・慢性的な関節の痛み
など。

半導体レーザーは無痛無害の低出力レーザーなので「いかにもレーザーを受けている」という実感はありません。
あまりに静かなレーザー治療なので、患者様の中には「ちゃんと肌に効いているんですか?」と聞かれる方もいらっしゃいます。

半導体レーザーは、水分や血液に吸収されにくい特徴があり、皮膚の深部までレーザーが到達し、患部にアプローチしてくれているので心配ありません。
治療を定期的に続けられている多くの方々は、肌が本来の落ち着いた状態へと次第に導かれていることに驚かれます。

半導体レーザー_3

 

半導体レーザー治療がもたらす様々な肌改善の効果

私個人の見解ではありますが、実際に半導体レーザーの治療で良くなった患者様の症例は以下の通りです。

・専門医が各々異なる診断名を付けてステロイド内服のみになっていた原因不明の頬の炎症が消えた
・ステロイド注射だけを続けていたケロイドがほとんど小さく治まった
・どんな美容クリームも受け付けなかった肌がしっとり落ち着いた
・不適切なパワーでの治療後におこった炎症をステロイド無しで鎮めた
・レーザートーニングなどが不向きの肝斑治療で色味が治まった

半導体レーザーは、様々な症状に対して副作用なく、少しずつ安全に肌の改善へと導きます。

HT136_350A

 

半導体レーザー治療で、本来の肌に整えていきましょう

半導体レーザーは、ゆらぎ肌や傷痕、肌の炎症などでお悩みの方には大変有効です。

老若関係なく、トラブルのない落ち着いた本来の肌に整えていく無痛無害で安心な半導体レーザーで長年の肌の悩みから卒業してみてはいかがでしょうか。

根気よく定期的に続けて行くことで確かな効果を実感いただけます。