教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > ニキビの治療 > ニキビと吹き出物の違いはホルモンバランスが乱れる原因が違う

ニキビと吹き出物の違いはホルモンバランスが乱れる原因が違う

2017.05.18ニキビ予防・治療法

思春期から20歳くらいまでは「ニキビ」と呼びますが、大人になってからは「吹き出物」と呼ばれるようになりますよね。

どうして大人になってからは「吹き出物」と呼ぶのかなどをご説明します。

 

思春期ニキビも吹き出物もホルモンバランスの乱れによるもの


ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌量が増え、毛穴がつまり、皮脂を栄養とするアクネ菌の活動が増します。
そうすると毛穴の中で炎症を引き起こされ、ニキビや吹き出物となってしまいます。
しかし、思春期のホルモンの乱れと成人のホルモンバランスの乱れでは、状況が違います。

 

思春期のホルモンバランスの乱れの原因

思春期は、子供から成人に変わる成長期です。
この時期は女の子でも副腎からのアンドロゲンなど男性ホルモンも多く分泌されるなど、成長に伴いホルモンバランスも大きく変化します。
男性ホルモンで皮脂分泌もさかんになるため、毛穴も詰まりやすく、ニキビができすい時期です。

 

成人のホルモンバランスの乱れの原因

一方、成人のホルモンバランスの乱れを引き起こす原因の中には、次のような生活習慣や環境も挙げられます。

・季節や空調などでお肌が乾燥
・ストレス
・偏った食生活や新陳代謝の低下

ホルモンを直接分泌する副腎や卵巣のほか、それらをコントロールする下垂体ホルモンなどが
複雑に影響するため、「今まで何もなかったのに」突然 吹き出物が増えたりなんてことも良くあります。
このように、20代以降になってから出来たニキビの原因は、思春期のような一過性のホルモンバランスの乱れとは全く異なるのです。

 

思春期は「ニキビ」成人は「吹き出物」と呼ばれる

思春期が終わる20歳前後には男性ホルモンの影響が落ち着き始めると、ホルモンバランスも整い、一般にはニキビができにくくなります。
成長過程に起こる一過性のものなので、病気という対象ではなく「ニキビ」はいずれ落ち着きます。

一方、思春期の成長過程を過ぎて成人後にできる毛穴のトラブルは、美容的な問題がメインテーマとなります。
そのため、保険治療の対象となる「ニキビ」としてではなく、美容の肌トラブルとしてあえて「吹き出物」と呼んでいます。

 

ニキビや吹き出物はまず塗り薬

思春期のニキビは 保険適応になった新しい薬が有効ですので、お近くの皮膚科に相談されてみてください。
根気よく治療を続けることが、一番の早道になりますので、なるべくドクターショッピングをせず、
信頼できる一人の先生にお任せするのが良いでしょう。

また、成人されてからの吹き出物の場合は、自分にあった治療に出会うことも大切です。
一時的に治ったと思っても、同じところに再発してしまうこともあります。
吹き出物を再発させないためにも、まずはしっかりと予防することが大切です。

 

併せて吹き出物の予防法とニキビの予防法の違いもご参考ください。