教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > 肝斑治療 > 肝斑予防の共通成分は「トラネキサム酸」

肝斑予防の共通成分は「トラネキサム酸」

2013.03.21肝斑予防・治療法

春分の日を過ぎたところで
札幌はまたしても 氷点下の真冬日。
路面も出ていた先週とは打って変わって
今朝は大通公園も新雪で銀世界に早変わり。

**************
両頬の高い位置(頬骨)に 左右同じ部分で
地図の形のように メラニンが出てくる肝斑。

肝斑予防の共通成分は 「トラネキサム酸」です。
今では、短期の処方や
薬局でトランシーノを購入されたり
一度は飲んだことがあるという方が
かなり増えています。

一般的には
ピルを継続内服されているとか
血栓を溶かす薬を飲み続けているといった
「トランサミンを飲むのを中止」せざるを得ない場合を除けば
市販される程の成分ですから
この他に強い制限はありません。

逆に、飲み始めてみたところ
「おなかの調子が悪い」とか、
「生理の変化を感じる」といった
薬との相性の悪さが原因で
飲めないというあなたへのご提案。

肝斑の唯一の予防として
飲み薬のトラネキサム酸がNGでしたら
肝斑部分に直接薬剤を浸透させましょう。

これまでご案内しています
「予防としてのメソポレーション」を始めてください。

1-2週に1回 30分、
ケアルームのベッドに寝ているだけで
あとは私たちスタッフがすべて行います。

一番効いてほしい 頬骨の肝斑の部分などに
普段飲んだり、注射したりするのと全く同じトラネキサム酸成分を
しっかり浸透させます。

おまけに ヒアルロン酸や美白のエッセンスなども
一緒に 確実に投入できます。

保湿・美白・うるおい対策と肝斑予防を 30分で。