教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > 肌質改善治療 > あわてずに

あわてずに

2012.09.01美肌 美白

残暑厳しいですが、今日から9月です。
ばてないように、栄養・休息・睡眠を心がけてます。

さて。
人情として、すぐに反応が見られる治療やケアが
当然好まれるものですが、
生きている細胞一つ一つは機械ではないので
ネジや歯車を取り換えたら全てが良くなったというような
シンプルな反応は意外に少ないのです。

中でも、コラーゲンにまつわるケアや、
真皮などの深い位置にある色素の治療は
刺激をしてから、数か月経た後
本当の反応が確認できる傾向があります。

具体的に言えば、
・フラクセルレーザーの反応は、4-5か月目が本当の結果
(リモデリング、再構築に時間がかかる)
・ADMや太田母斑や肝斑などの分解治療は、半年後~の反応を見る
・シミ取りHLLT後の二次性色素沈着は、2-3か月塗り薬を続けて判定する

といったところでしょうか。

あせったり、せっかちにならずに、本当のゴールを
少し気長に待つことも、大切です。