教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > 肌質改善治療 > なさすぎる・・・と

なさすぎる・・・と

2012.09.20美肌 美白

いで湯の観光地などを訪れる旅番組は
好きでよく見ているのですが
レポーターとして抜擢されるクラスのタレントさんは
知名度の高いはずの、それなりの有名人。

41歳になる自分の思春期頃のアイドルが
何十年ぶり?かで、レポーターにもなってます。

ところが時々、
「あれ!新人?」と思ってみてると
実はあの人だった!?とびっくりするケースが。
20代かと見紛う程にフェイスラインはぱっつんぱっつんで
シワらしいシワは、目じり・眉間・法令線とどこにもない。
ふくらんで消えてる法令線も、
表情が失われる程のリフトアップも。
全くシワが無い、なさすぎるシワと表情。

美は価値観と美意識の究極の自己表現。
予め断っておきますが
どれがよくて、どこからが○○といった基準はないです。
評価については本人次第。

ただ、私の仕事の上での評価基準をお伝えする意味で
いつもお話しているのは
「なさすぎるシワは自然な美に反する」ということです。

年齢なりの美肌、突き詰めると、それは自然美。
同い年の人と比べて、シミだらけ、しわだらけも
さみしいですが、、、
皆さんは どう思われますか?