教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > 肌質改善治療 > ピンクのコラーゲン

ピンクのコラーゲン

2013.03.30美肌 美白

ピンクが多いと 若肌。

みずみずしいコラーゲンの多い肌は
何歳になっても若々しく
ハリもあって 美容皮膚科的にも美しいものです。

コラーゲンを顕微鏡でみると
ある染色では ピンク色。

皮膚の出来物が悪いものでないのか?と
チェックする場合
その部分を切り出して、病理検査を行います。

顕微鏡で組織を判定するために
HE染色といって 標準的な染色をするのですが、

コラーゲンは 鮮やかなピンク色。
そして 紫外線で傷んだ老化肌は
くすんだ紫色(主に変性したエラスチン)。

ぱっとみれば
若々しい肌か
老化して治療やケアのなされてない肌か
悪性診断以外にも 見えてます。

新しいコラーゲンを 増やしましょう。
桜色に染まる ピンクのコラーゲンを!