教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > 肌質改善治療 > 繰り返しの刺激で

繰り返しの刺激で

2012.06.01美肌 美白

ペンや鉛筆の握り方はあまり変わりませんから
指の同じ部分に繰り返し繰り返し圧がかかって
ペンだこができます。

同じように うおのめについても、
圧が日々同じ部分にかかることが最大の原因。

クレンジングその他で、頬骨の部分は力が強まりやすいので、
ここにも繰り返しの圧がかかることになります。

毎日過ごす環境湿度の低い状態が続く人にも
肌荒れが起こりやすくなります。
角質が自己防衛で厚くなることが推定されます。

肌環境への適応が過剰になる時
いろいろなトラブルが発生する多くの事例。
日々の無意識の繰り返しを、再度見直してみては?