教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > 肌質改善治療 > 驚愕の絵巻物

驚愕の絵巻物

2013.06.21美肌 美白

小学校の夏休みには お勉強の宿題以外にも

「自由研究」といったテーマがあって

二学期も始まる頃になると

大慌てで右往左往する子が多かったものです。

地方都市の地方公立小学校だったので

熱心にお勉強してる子なんて クラスに一人もいないような環境。

御多分に漏れず 私も 勉強らしい勉強はせず

最低限の課題だけやって

最後に残ったのが 自由研究。

付け焼刃で仕上げて 提出しました。

 

さて 二学期が始まってから

それのコンテストがあり

優勝は「絵巻物」。

他クラスでしたが その出来栄えの良さに

興奮した担任の先生が 全学年を集めて

発表会を催しました。

 

それを見た私たちは ただ絶句。

 

驚愕の絵巻物。

 

日本史の石器時代から現代までを

小学六年生が 絵巻物にしたためていたのです。

私はと言えば 確か・・・

地元のラジオ局が放送してくれた

「まだ間に合う 困らない 夏休み全部のお天気」

というような番組を聞きながら

あたかも 毎日天気の研究でもしたかのように

必死で書き写して

課題を 提出していたのです・・・

 

残念なことに  同じお天気の研究を提出してる子が

何人もいて・・・

同じ放送を聞いていたのがバレバレ。

 

一方、先の驚きの絵巻物を仕立てたのは J君。

きっと 夏休みに入る前から構想を練って

毎日コツコツ 仕立てていったのが 誰の目にも明らかでした。

 

コツコツ仕上げた成果は 驚愕の結果を生むことを

まざまざと見せつけられた瞬間でした。

********

ところで 予防って 地味ですよね?

誰もやりたがりませんし。

でも

老化を抑えるための美肌ケアをコツコツ続ければ

まるで絵巻物を完成させたJ君のように

いざという時 あわてることもありません。

でなければ

「まだ間に合う 困らない 夏休み全部のお天気」

と 同じような 付け焼刃の

もしかしたらまやかしのケアを求めて

右往左往し続けることになるのでは

ないでしょうか?

その上 結果は一時しのぎ。

 

美肌の課題で困ってる方は

いつでも ご相談ください。