教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > 肌質改善治療 > 肌荒れや老化はホルモンバランスの乱れ。内側から改善を

肌荒れや老化はホルモンバランスの乱れ。内側から改善を

2015.07.30美肌 美白

4d3f0bea159b483972d4022bed81133c_s

加齢に伴うお肌のお悩みや肌トラブル。
お肌の老化は誰もが皆意識するものです。

しかしタバコや便秘などの「生活習慣の問題」が肌トラブルの原因の1つであることは、意外に知られていません。

生活習慣に問題があると、ホルモンバランスが乱れ、肌トラブルを起こしやすくなります。

 

タバコと便秘による肌トラブルとは

肌トラブルの原因の1つである生活習慣の問題。
その中でも、タバコと便秘は大きな課題としてよくあげられます。

 

タバコによる肌トラブル

・女性ホルモンの分泌が抑えられ、ホルモンバランスが乱れてしまう
・お肌の潤いや張りが無くなり、シミや肌荒れになりやすい
・美肌に必要なビタミンCが失われる。

 

便秘による肌トラブル

・便が腸内にたまると、悪玉菌が増え有害物質を発生する。
・新陳代謝がきちんと機能しない
・ターンオーバーがうまく出来ず、角質が溜まり、くすみや肌荒れになりやすい。
タバコ1本吸うだけで美肌作りには欠かせないビタミンCが25㎎も失われてしまいます。
これは、タバコを4本吸うと、1日に必要なビタミンCが体内から無くなる計算です。そしてタバコでホルモンバランスが乱れると、便秘になりやすくなってしまいます。

便秘になると悪玉菌が増え、有害物質が発生します。
有害物質は血液を周り、汗や皮脂などを借りて放出されますが、必要のない皮脂なども排出しなければならず、普段の新陳代謝では追いつきません。

そのため、汚れがお肌から放出されきれず、吹き出物が急に増えたり、肌の血色もくすんでしまうのです。

 

2996bb5f5c9f9e819baa9f956c300ebc_s

 

生活習慣の見直しでホルモンバランスの乱れを改善

生活習慣による肌トラブルは、外側のケア(基礎化粧品による美肌ケア)ではなく、生活習慣を見直した内側からのケア(ホルモンバランスを整えること)が大切です。

ホルモンバランスを整える生活習慣の見直し
・タバコで失われやすいビタミンCを意識したバランスの良い食事を摂る
30分以上の運動をする
睡眠をしっかり摂る

 

日々の生活を改善するのが難しいという方は、乳酸菌系の飲料やサプリメントで補っても良いでしょう。

札幌シーズクリニックでも、肌トラブルの原因にホルモンバランスの乱れが関係している時には生活習慣の見直しを提案しますが、難しい場合は「ヒトプラセンタサプリ」をお勧めしております。
ホルモン成分が一切入ってませんが、ホルモンバランスが整って体の内側から予防してくれるプラセンタ注射と同様の効果が期待できる優秀なサプリです。
ヒトプラセンタサプリの効果に関する記事はこちら

(禁煙を始めてみることもオススメしますよ。)