教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > 肌質改善治療 > 20代でもシミができた。その原因とは?

20代でもシミができた。その原因とは?

2016.06.02美肌 美白

2001年から美容皮膚科の仕事をしておりますが、この10年の間に一番変わったなあと実感する事があります。
それは「肌の老化サインが、若い女性にも出ることが増えた」ということです。

 

905c6d74f52d6316e8a1969a95f09ce2_s

 

近年、50代で出てくる肌老化が20代でも出るようになってきた

もちろん全員ではないですが、シミ・シワ・たるみ・プツプツしたニキビ以外の出来物など老化のサインが20代後半に出ている方が増えてきています。

驚くことに、中には20代前半の方にも老化のサインが出ていました。
10年前までは、50代前後の方に「普段からシミ対策を」と投げかけていたお話が、近年では40代~20代の方にも当てはまるようになってきています。

 

20代でも肌老化サインが出る大きな原因は食生活の乱れ

58a1dbddcc0c640954b0254623d9c9e2_s

まだ若くして肌老化が進む大きな原因の一つとして「食生活の激しい乱れ」が考えられます。

食事からの糖分や脂質は重要な栄養素ですが、摂りすぎは禁物です。
余分なブドウ糖や脂質、アルコールは重要なたんぱく質を糖化してしまい、老化現象を引き起こす「糖化ストレス」として認知されてます。

余分な栄養を摂りすぎると、動脈硬化、皮膚老化に影響を及ぼしてしまいます。

添加物食品は肌老化を進めてしまう

最近のアンチエイジング(抗加齢)研究の話題では従来の酸化ストレスのほか、カロリーオーバー説もかなりクローズアップされています。
カロリーオーバーは動物実験段階で寿命を短くさせることが分かってきました。

特に添加物の入っているファストフードやジャンクフードなどカロリーの高い食べ物は、美肌には大敵です。
とても美味しいのですが、添加物は肌老化の原因でもある活性酸素の働きを高めてしまう特徴があります。

20代からシミやくすみなど、肌老化が出始めてきた方には、美肌維持のためにオススメできません。

本来日本人に合った和食を積極的に取り入れ、いま一度食生活を見直してみましょう。

8483b76e6bccf1e0142c85ca06c5105c_s

 

老化肌の原因でもある活性酸素を抑える食べ物について「酸化を防ぐ食べ物で美肌維持。ビタミンA・C・Eの効果」という記事でもご紹介しているので、併せてご参考ください。

また、札幌シーズクリニックでは現在ダチョウの卵から精製した日本製のダイエットサプリ「メタソーブ」を取り扱っています。
ダチョウの卵にはカロリーが高い食事をしても体内に吸収されにくくする物質があるので、メタソーブを食前に摂取することで肥満や血糖値の上昇が抑えられ、ダイエットに効果を発揮します。
食事制限をしたくないけどダイエットはしたいという方にオススメです。日本製の安心なサプリメントですので、試してみてはいかがでしょうか。