教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > たるみ治療 > 自己流の顔マッサージは逆効果!?むくみやたるみに効果的な方法

自己流の顔マッサージは逆効果!?むくみやたるみに効果的な方法

2017.09.07たるみ予防・治療法

「小顔になりたい!!シワやたるみを予防したい!!でもエステに通う時間とコストが…。」

そう感じる人は「自宅でできるフェイシャルマッサージ」を実践している方も多くいらっしゃいます。

しかし実は、そこには気をつけなけばならない、むくみやたるみに繋がる落とし穴があるんです。

 

顔のマッサージは逆効果!?無知が招く3つの悲劇

お金をかけないように自分自身でマッサージをしている方、次のNG行動はしていないでしょうか?

 

NG1:強くこするマッサージ

頬を強くマッサージしたり、強くこすったりしていませんか?

強いマッサージは血行が悪くなってむくみ、摩擦によって肌荒れをおこしたり乾燥したりしてしまいます。

 

NG2:汚れた状態でマッサージ

オイルマッサージをまねて、クレンジングオイルで「化粧落としのついでマッサージ」なんてもってのほかです。
クレンジングは汚れを浮かして流すもの。

浮いた汚れで顔をマッサージしていることになります。

 

NG3:力まかせのマッサージ

「小顔には顔をすぼめると良いらしい」
そう聞いただけで、力いっぱい顔をすぼめる表情筋の自己流トレーニング、やっていませんか?

やりすぎはシワのもとです。

またシワやほうれい線のリフトアップで強く引っ張りすぎるのは、かえって皮膚が伸びてしまい、たるみの原因となります。

 

顔のマッサージに求めるものを明確に

そもそも顔のマッサージを始めたのは何故でしょうか?ここが一番重要なポイントです。

小顔になりたい顔のシワやたるみを予防したいと、目的は人によって様々なのにも関わらず、目的に合っていないマッサージを一生懸命やっていても、意味がありません

顔のマッサージは何のためにやるのか、求める目的や効果をしっかり意識しましょう。

 

本当は肌に悪影響。自己流の顔マッサージ

自己流の顔マッサージが逆効果と言われる大きな原因は、肌のメカニズムにあります。
肌の浅い部分は大きく分けて「表皮(ひょうひ)」「真皮(しんぴ)」の2つのエリアになっています。

 

表皮

一般的に皮膚(肌)といわれる部分。4つの層が肌水分の蒸発を防ぎ、外部からの刺激を守っている。

 

真皮

表皮の下にあり、線維質のコラーゲンやゼリー状のヒアルロン酸などが、肌の弾力やハリ、水分を維持している。

肌の厚さは部分によって違いますが、最も薄いのが顔の表皮の1番外側の角層で、厚さはわずか平均0.02㎜です。
つまり、ちょっとしたマッサージであっても、ゆでたまごをサンドペーパーで擦るようなもの。

自己流の間違った摩擦によって肌は傷ついてしまいます。

 

正しいスキンケア、顔のマッサージとは?

スキンケアは手短に行い、できるだけ肌に負担をかけないように行います。

肌の仕組みを理解し、目的に合った顔のマッサージを行うことで、たるみやむくみを招かないマッサージ効果が期待できます。

 

負担が少ないクレンジングと洗顔

クレンジングと洗顔は、それぞれきちんと分けて行いましょう。
クレンジングは肌質に合ったものを選ぶことが大切で、一般的には、肌への負担がより少ないのはミルクタイプです。

洗顔は、まず、何も付けずにぬるま湯で軽く顔の汚れを落とします。

その後に、洗顔料をメレンゲのように泡立て、顔にのせたらTゾーン→Uゾーン→口・目のまわりの順に、なるべく30秒~1分秒以内で洗い、しっかりすすぎましょう。

 

正しい顔のマッサージはリンパの流れを良くする優しいマッサージ

マッサージを行う時間は朝が効果的。夜は一日の中で最も筋肉が固まっており、入浴しただけでは柔らかくなりません。

睡眠によって疲れやコリが回復する朝に行いましょう。

顔をこすらず、リンパの流れをよくする優しいリンパマッサージでむくみを予防することが正しいマッサージです。

リンパマッサージは顔の中心から耳たぶ裏のくぼみへ流し、最後は鎖骨で終わります。

表情筋のトレーニングは力まず、あまり動かさない筋肉だけを意識して動かすだけでOKです。

優しいマッサージでたるみ・むくみのない肌を、目指しましょう。

 

まとめ

顔のマッサージで大切なのは、刺激を与えず、優しく扱うことです。
皮膚はとても薄くてデリケート。

やりすぎるとむくみ・たるみの原因になり、肌にとっては逆効果になることを頭に入れておきましょう。

目的に合った顔のマッサージで肌を優しく扱うことで、リンパに働きかけることができ、たるみやむくみも予防できますよ。