教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > たるみ治療 > ほうれい線が消える?サーマクールでたるみ改善

ほうれい線が消える?サーマクールでたるみ改善

2014.12.26たるみ予防・治療法

お肌のたるみが出てくると目立ってくる「ほうれい線」。

ほうれい線とは、頬の境界線のようなものです。

ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が5歳~10歳は違うと言われています。

また、線が深いほどファンデーションの粉が線に溜まってしまい、化粧でも隠せず困っている方が多くいらっしゃいます。

 

ほうれい線もコラーゲン不足・劣化が影響しています。

実は、ほうれい線は赤ちゃんの時から存在します。

赤ちゃんや若い年齢では、お肌にハリがあったり水分が十分にあって潤いがあり、紫外線や栄養不足などの外的ダメージも少ないので目立つことはありません。

しかし、加齢とともにコラーゲンが不足・劣化、表情筋の衰え等、色々な衰えが生じることで外的ダメージを受けやすくなったりすると、ほうれい線はどんどん目立ってきます。

たるみと同様、ほうれい線もお肌のハリの根本となるコラーゲンの産生・貯蓄を促さなければ、どんどん深く目立っていく一方なのです。

 

ほうれい線のケアは「サーマクールCPT」が最善

ほうれい線ケアで大切なコラーゲン劣化・不足を改善させるためには、やはりコラーゲンを産生し、お肌そのものを若返らせるサーマクールCPTが最善でしょう。

サーマクールは熱エネルギーで真皮層にあるコラーゲンにアプローチすることで新しいコラーゲンを産生・貯蓄させ、覆いかぶったようなたるんだお肌を引き締め、ほうれい線も目立たなくさせます。

1

 

ずっと付き合っていく自分のお肌には長い目で見たケアを。

ヒアルロン酸注射でほうれい線を膨らますだけの一時的で部分的な治療は、継続させていくことがとても大変ですし、コストパフォーマンス的にもオススメしていません。

サーマクールなら年に1~2度の治療で若返り効果をしっかり発揮し、その効果を持続させます。

そして、サーマクールCPTを受けた方の多くが、2年前・3年前よりもほうれい線が目立たず、たるみが進行しにくくなっています。

ずっと付き合っていく自分のお肌には、長い目で見たケアが大切です。

ほうれい線でお悩みでしたら、多くの美容皮膚科ドクターがオススメしているサーマクールCPTを一度受けてみてはいかがでしょうか。

 

 

世界標準のたるみ治療『ウルトラダブルリフト』
slack-doublelift