教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > ニキビの治療 > ニキビ痕にも「ケミカルピーリング」が効果的

ニキビ痕にも「ケミカルピーリング」が効果的

2015.02.12ニキビ予防・治療法

KE008_350A

皮膚科・美容皮膚科などでもニキビ治療に大変効果的とされている治療法が「ケミカルピーリング」。

フルーツ酸やサリチル酸などの薬剤を塗布して、新陳代謝が悪くなり肌表面についた古い角質を剥がし、それにより肌のターンオーバーを活性化する治療です。

シミやしわ、たるみなどの様々なお肌トラブルに対応し改善してくれる、大変人気な美容法でもあります。

ケミカルピーリングで期待できる様々な効果

ケミカルピーリングがどのような効果があるかといいますと、

・コメドの予防
・肌のくすみ・色ムラの改善
・水分保持力UP
・新陳代謝の促進・軽度のシミやそばかすにアプローチ
・殺菌効果・オイリー肌の改善
などなど。

また浅いタイプの凸凹したお肌、吹き出物や色素沈着型などのニキビ痕にお悩みのお肌にはかなり有効的な治療法で、吹き出物が重症な方にも、抗生物質を飲む期間を短くできるというメリットもあります。

エステでもピーリングを行っていますが、治療目的のピーリングは医療機関のみ。

一人ひとりのお肌の状態に合わせながらピーリングの塗布時間を決めますので、経験が豊富なドクターの治療を受けることをお勧めします。

ニキビの治療は、まずお近くの保険のきく皮膚科で、塗り薬を処方してもらいましょう。

特に、22歳くらいまでは、塗り薬を中心に治療を根気よく続けることが大切です。

思春期やお顔全体に出ているニキビをいきなりレーザーや美容治療から計画スタートしないことも現在では注意点になります。

成人後、ニキビ再発がおおむね治まり始めたら、予防やスキンケアの一環として、また美肌を保つ意味で、やりすぎない程度にピーリングに取り組んでみるのが良いでしょう。

シーズクリニックでは、ケミカルピーリングの他、収れん効果のあるクリスタルを吹き付けながら角層ケアする「クリスタルピーリング」も行っています。