ニキビ痕の治療menu

トップ > 治療メニュー > ニキビ痕の治療

シーズのニキビ痕の治療

古い肌を少しずつ入れ替える、ニキビ痕をフルリフォーム

ニキビを潰したり放置したりする「間違った手入れ」は色素沈着につながり、肌質によっては凸凹のクレーター状にまでなってしまいます。
また、ニキビ痕を隠そうと化粧を厚塗りすると、かえって毛穴を塞いでしまい新しいニキビがまた増え、悪循環となります。
いつまで経っても良くならない負のサイクルは、間違った自己流ケアでは改善されません。
ニキビ痕の赤み、茶色い色素沈着、クレーター状の凹みは、美肌の専門的なケアを受けましょう。

治療内容

あなたのニキビ痕の状態に合わせて治療を行います。

赤み

ジェネシス、ライムライト、メソポレーション、半導体レーザー、フォトシルクプラス

ニキビ痕の赤みには、ジェネシス、ライムライトによる光治療器を使用します。
以前のような強い痛みを感じること無く治療に取り組めるので、ストレスもダウンタイム(日常生活制限)もほとんど気にする必要がありません。
さらに、メソポレーションによる医薬成分の浸透導入、半導体レーザーによる炎症の鎮静やピーリング剤の工夫で赤みを抑える方法を組み合わせていきます。

色素沈着

ライムライト、レーザートーニング、ケミカルピーリング、メソポレーション、フォトシルクプラス

色素沈着になってしまったニキビ痕には、メラニン色素による茶色がかった色味を薄くしていく治療をします。東洋人の肌に合わせて設計されているライムライト、深く沈んだ色素を分解するレーザートーニング、美白効果の高いケミカルピーリングやメソポレーションで医薬成分の浸透導入を行います。

クレーター

フラクセルレーザー2、ケミカルピーリング、メソポレーション

凸凹のあるニキビ痕。傷ついて形が固定した肌は、フラクセルレーザー2を使用します。ミクロサイズのレーザーで少しずつ除去しながら肌リフォームを行う治療方法です。凹みの深さや硬さ・形によって、出力調整や照射の密度を細かく設定して施術していきます。
さらに角層の滑らかさを出すためのケミカルピーリングや医薬成分の浸透にメソポーションを組み合わせて行うことで、肌の深い位置から根本的に改善します。

ケロイド

半導体レーザー、ジェネシス、メソポレーション、ステロイドテープ

ケロイドになったニキビ痕には基本的には沈静治療を行います。
半導体レーザーやジェネシス、メソポレーションやステロイドテープの使用など、症状に応じて適切に組み合わせて治療します。

治療料金についてはこちら

「教えて!大久保院長」ニキビ痕治療に関するブログ

フラクセルレーザーの効果!ニキビ痕など皮膚の再生に。

ここ数年、札幌でもフラクショナルレーザー治療が普及してきています。 フラクショナル治療とは、0.5mm...

続きを読む

肌の炎症、乾燥、ニキビ痕は半導体レーザー治療で解決

「長年のニキビ痕への悩み」「高出力レーザー後の色素沈着」「季節の変わり目や急な気温の変化で肌が乾燥した...

続きを読む

ニキビやニキビ痕には「ケミカルピーリング」が効果的

皮膚科・美容皮膚科などでもニキビ治療に大変効果的とされている治療法が「ケミカルピーリング」。 フ...

続きを読む

ニキビ痕予防・治療法のブログ一覧を見る

ご予約

完全予約制【休診日】 月・火・祝日
【電話受付時間】10:10〜13:30/14:30〜19:10