教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > 肌質改善治療 > 乾燥対策のスキンケアで冬を乗り切る!おすすめの保湿ケアとは

乾燥対策のスキンケアで冬を乗り切る!おすすめの保湿ケアとは

2017.12.27美肌 美白

冬になると気になるお肌の乾燥。
乾燥は肌荒れや小シワの原因にもなるので、しっかり対策をしておきたいものです。

今回はしっとり潤い肌を保つスキンケア方法のご紹介。特に乾燥肌の方は必見です!

 

乾燥対策のために、まず正しいスキンケア方法を確認しましょう

乾燥肌の方は特に、間違った毎日のスキンケアが原因で「肌の乾燥を悪化させてしまった!」なんてことは避けたいものですよね。

今一度、間違ったスキンケアをしていないか確認してみましょう。

 

乾燥肌におすすめのメイク落としは「クリームタイプ」「ミルクタイプ」

クレンジング剤には「オイルタイプ」「ジェルタイプ」「クリームタイプ」「ミルクタイプ」など色々な種類がありますが、乾燥肌の方には刺激の少ない「クリームタイプ」「ミルクタイプ」のクレンジング剤がおすすめです。

顔にクレンジング剤をなじませてからすすぐまでは1分程度が目安です。
メイクへ優しくなじませた後はクレンジング剤が肌に残らないように、ぬるま湯でしっかりすすぎましょう。

時間をかけたクレンジングはメイクがしっかり落ちそうですが、肌への負担も大きいです。
丁寧かつ手早く行いましょう。

落ちにくいアイメイクは、ポイントメイク専用のクレンジング剤であらかじめ落としておくことをおすすめします。

 

優しい洗顔を心がける。朝洗顔は1人1人に合う方法で

たっぷりと泡立てた洗顔料で優しく洗った後、ぬるま湯でしっかりすすぎます。
洗顔後は清潔で柔らかいタオルを優しく顔に押し当て、水分をふき取りましょう。
ゴシゴシこするのはNGです。

朝に洗顔する場合、洗顔料で汚れをきちんと落とした方が、保湿ケアの時に美容成分がしっかりお肌に浸透しやすいということもあります。
しかし肌の状態によっては「皮脂を落としすぎない」という観点から、ぬるま湯のみで洗う方が良い場合もあります。

いずれにしても一人一人に合わせたスキンケア方法が大切です。
美容皮膚科などの専門家に相談してみると良いでしょう。

 

基礎化粧品(化粧水・乳液・美容液・クリームなど)で水分と油分を補う

洗顔後は、時間をあまり置かずになるべく早めに化粧水で保湿しましょう。
化粧水を適量手に取り、優しく顔になじませてから手のひらで肌を押さえて、肌に浸透させます。

コットンは、乾燥肌にとっては繊維が刺激になってしまいやすいので、手を使い保湿することをおすすめします。

手で行うことで、同時に肌の状態もチェックできますよ。

 

化粧水の後は乳液や美容液、必要に応じてクリームなどで油分を補います。
適量を手に取った後、両手を合わせて温めてから顔になじませ、化粧水の時と同様に手で肌を押さえて浸透させます。

目元や口元など皮膚が薄く乾燥しやすい部分は、特にしっかりと潤いを補ってあげることが大切です。

美容液は商品によって使うタイミングが異なりますので、使用時に商品説明を確認してみましょう。

 

 

乾燥対策を意識したスキンケア化粧品(成分)の選ぶポイント

乾燥肌の方がスキンケア化粧品を選ぶときのポイントは2つあります。

①乾燥肌に効果的な成分を含むものを選ぶ

医薬部外品のスキンケア化粧品の中から、高保湿成分表示されているスキンケア化粧品を選ぶようにしましょう。

保湿力が高い成分としては「セラミド」「レチノール」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「尿素」などが有名です。
中でも「セラミド」は保湿力が非常に高く、肌を刺激から守り免疫力を上げる効果もあります。

「ビタミンC誘導体」も紫外線から肌を守り、滑らかで潤いのある肌へ導いてくれる成分です。

 

②肌への刺激になりやすい成分に注意する

乾燥肌の人は肌が敏感になりがちです。
肌への刺激になりやすい成分が含まれているスキンケア化粧品には注意しましょう。

アルコール(エタノール)や香料は含まれていることが多い成分のため、成分表示をよく確認してみましょう。
スキンケア化粧品の成分表示まで確認するのが難しい場合は「敏感肌用」「ドクターズコスメ」などの化粧品を選ぶと、低刺激の化粧品を選ぶことができます。

乾燥肌は水分だけでなく油分も不足した状態です。
できるだけ刺激になる成分を避け、水分と油分をバランスよく補給し、潤いのある健康な肌を目指しましょう。

 

 

生活習慣も乾燥対策の1つ

睡眠不足やストレスなどによって肌のターンオーバーのリズムが崩れてしまい、乾燥肌につながることがあります。
規則正しい生活を心がけることは、潤いのある美肌にもつながりますよ。

次の習慣をぜひ心がけてみてください。

・生活リズムを整えて睡眠時間をしっかりとる
・加湿器などで部屋の加湿を心がける
・夏以外でも外出時には日焼け止めを塗って紫外線対策をする
・できるだけ毎日入浴して血行改善を心がける

 

 

乾燥肌におすすめの食べ物

栄養バランスの良い食事で体の中から美肌を目指すのも大切です。
乾燥肌に効果的な成分と食べ物をご紹介します。

・ビタミンA:緑黄色野菜、牛乳、青魚、海藻など
・ビタミンB:大豆、卵、レバー、豚肉など
・ビタミンC:オレンジやイチゴなど
・ビタミンE:大豆、ゴマ、アーモンド、ナッツ類など

ビタミンは新陳代謝を活発にして肌の潤いを守ります。
ビタミンCやビタミンEには抗酸化作用もあり、アンチエイジングにも効果的です。

 

・セラミド:大豆、ひじき、ワカメなど

肌を外部の刺激から守り、角質層の水分をしっかりと保ってくれます。

 

・α-リノレン酸:エゴマ油、アマニ油など
・亜鉛:卵黄、赤身肉、牡蠣など

肌のターンオーバーを助けます。

 

どれも身近に手に入る食材ばかりですので、ぜひ意識してみましょう。
成分だけでなく食事のリズムを整えるのも大切です。

 

 

毎日の正しいスキンケアで乾燥対策

多くの方が悩まれている「乾燥肌」。
毎日の正しいスキンケアでしっかりと保湿をして、潤いのある美肌を目指しましょう。
スキンケア化粧品は刺激のある成分を避け、自分に合ったものを探してみましょう。

規則正しい生活習慣やバランスのとれた食事で、体の内面からケアをすることも大切ですよ。