教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 教えて!大久保院長ブログ > 医薬品サプリで人気の「ヒトプラセンタ」の効果

医薬品サプリで人気の「ヒトプラセンタ」の効果

2014.07.01メディカルケア商品

ヒトプラセンタは豚・馬のような四足動物ではなく、日本国内の健康な妊婦さんの胎盤から抽出された成分です。

プラセンタ注射で使われているものと同様のパワーをもった、サプリメントを超えた医薬品として処方してます。

ヒトプラセンタの多くの効能は、サプリメントを超えた実績のあるものが記載されています。

 

ヒトプラセンタの効果

・ホルモンバランス調整

・吹き出物対策

・肌うるおいUP

・冬の肌ぐすみ

・アダルトタイプのニキビ

・肝斑

・乾燥肌

・冷え症

・疲労回復

・胃弱

・慢性的な疲労

・更年期障害の改善

・ニキビの体質改善

・風邪の予防

など、肝臓の弱りがちな宴会シーズンにもお使い頂けるサプリです。

 

身体の中からバランス調整するなら「ヒトプラセンタ」

プラセンタは一般的に注射(一部医療機関で点滴)を用いますが、シーズクリニックではプラセンタ注射と同じ成分を、自宅で手軽に飲むだけで良い「ヒトプラセンタカプセル」をお勧めしています。

カプセルを内服するだけですので「ご自宅で手軽に」というメリットと「注射に伴うリスク」がなくなります。

注射の製剤を提供している会社のものと同じ成分で、効能は筋肉注射1本分=ヒトプラセンタカプセルを2粒飲むのと同じパワーです。

 

当院でヒトプラセンタカプセルを取り扱うことになってからは追加入荷を行うほどに好評で、一時生産が追いつかず供給停止になっていましたが、カプセル剤処方が再開しました。

まずは試してみたいという方も多いようです。

さらに、お顔の肌状態に直接アプローチする人気急上昇中のヒトプラセンタマスクで、肌表面からの保湿・血行促進のダブルケアが可能になります。

好評ヒトプラセンタサプリのQ&A

ご好評いただいております「ヒトプラセンタ」ですが、複数の方から同じご質問をいただいたのでその点についてお答えします。

 

「ありとあらゆる効能が記載されてますが、そんなに何でもかんでも効くのですか?」

答えはひとまず「YES」です。

 

ヒトプラセンタは薬扱いだけど漢方薬に似た働き

内科を受診したりして処方される西洋薬は、合成された化学薬品が中心なので、ある特定のテーマについて特定の作用を強く持つのが特徴です。

一方、体質改善等で使われる漢方薬は複数の成分の配合で、全体として効能を発揮するもので、西洋薬とは異なった仕組みのお薬とされています。

ヒトプラセンタのカプセルはどちらかと言えば漢方に似た働きですので、「処方箋(西洋薬の効能)のイメージ」で捉えると誤解を生むと思います。

 

また、ヒトプラセンタカプセルは薬の扱いですが、内容的には「有効成分の補給」の要素が強く西洋薬や漢方薬とも若干異なる性質があります。

あくまで私個人のイメージですが、微量の有効成分がお互いに影響しあいながら身体のアンバランスな部分(不足や過剰)をバランスよく調整していく感じです。

私自身は、数年前に筋肉注射でのヒトプラセンタを行っていてヒトプラセンタの効能については実感がありました。

 

個人的な「ヒトプラセンタカプセル」の感想

私も「ヒトプラセンタカプセル」を内服しています。

内服しての期待する効果は、男性なので「ホルモンバランスによる肌トラブルを気にする」という目的ではありません。

疲労回復・肩こり・いわゆる不定愁訴(だるい、なんとなく体が重い等々)と、生まれつきのドライスキン(アトピー体質)でもあることや定期的な「背中の筋肉のこわばり」が私の主訴!?でして、これらの改善が目的です。

漢方薬といったイメージで、じんわりと効能を実感してます。