教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > シミ治療 > 40代のシミ取り。治療前の肌環境を整えることが大切です。

40代のシミ取り。治療前の肌環境を整えることが大切です。

2016.12.15シミ予防・治療法

JV100_350A

 

40代の肌は若かった20代~30代よりも、一気にシミができやすい状況になります。
早くしみ取りをしたいと思うのは当たり前のことです。

しかし、40代の肌は、シミ治療前に肌環境を整えることが大切です。
今回は、若い頃とは肌状況が違う40代の肌とシミについて、また、シミ取りの前に大切な肌環境を整える必要性について紹介します。

 

40代は、シミ・肝斑ができやすい肌環境

「40代の肌は、シミや肝斑ができやすい肌」ということは誰もがなんとなく理解していることだと思いますが、代表的な具体的な理由は次のような原因があります。

・成人、就職後から本格的にメイクをし続けて20年経過している
・毎日のメイク・メイク落とし時の摩擦による肌への負担
・加齢に伴うホルモンバランスの変化
・私生活でのストレスの蓄積

40代の肌は、これらの原因が重なり、シミや肝斑が一気に噴き出してしまいます。
 

fd05b791cdf6737ac80e578efec094fb_s

 

40代の肌は、しみだけじゃなく、透明感が落ちてくる。

40代の肌は、しみや肝斑ができやすいだけじゃなく、肌の水分が減ってしまい透明感が落ち、くすみが目立ち始めます。
水分が少なく弾力のない肌の環境は、今まで使用していた化粧品では物足りなくなるだけじゃなく、外的刺激に対して影響を受けやすい状態です。

また、「くすみ」だと思っていたものも、もしかすると、シミ治療の中で一番厄介な肝斑かもしれません。

 

40代のシミは、一般的なシミ取りレーザー治療では効果が出にくい場合も

今までの様々なダメージによるしみが、40代になってどんどん目立ってくると、一刻も早くレーザーで取ってしまいたいと思われる方も多いです。

しかし、焦ってはいけません。
実は、40代の肌にできたシミは、お肌の状態と肝斑の勢いによっては、レーザー治療でも綺麗に取れないことがあります。
「とりあえずシミ取りレーザーやってみましょう」といったスタイルで治療を行うのは、適切ではありません。

レーザー治療をご検討の場合は、まず「レーザー治療をして良い状態か相談する」というスタンスで行くことをおすすめします。
事前にシミ取りで代表的なKTP532レーザーでの除去治療が適しているかそうでないかを、肌状態と併せて専門医にしっかりと診断してもらいましょう。

 

レーザー治療をご検討の場合は、レーザーに対応できる肌作りから

40代は、ホルモンバランスの乱れ、水分不足、日ごろのメイクによる負担、日々のストレスなど、シミができる肌環境を数多く抱えています。
治療前には必ず肌状況を確認し、「レーザー治療に対応できるお肌にしておくこと」が綺麗にシミを取る秘訣です。

・ご自宅での正しいスキンケアをする
・美白成分の入った美容液を使用してシミの進行を少しでも抑える
・ストレスをためすぎていないか、生活習慣を見直してホルモンバランスを整える
・ビタミンが豊富な食材を選ぶ

まずは、綺麗にしみ治療をするため、セルフケアから今一度見直してみましょう。

ご自宅での肌ケアだけではなかなか肌の調子が整わない場合は、美容皮膚科での美白に特化したケアオススメします。
セルフケアよりもより確実に効果的なアプローチができ、しみ治療を受けるための事前準備を行うことで治療の成績がグンとUPします。

 

こちらの記事も併せてご参考にしてみてください。
肌の乾燥対策!保湿効果のある食べ物で内側から改善

 

ci-z_line