教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > シミ治療 > 顔のシミを取りたい。治療方法の種類と内容について

顔のシミを取りたい。治療方法の種類と内容について

2016.08.10シミ予防・治療法

6d6125d7b4b243a4c2913e11965c6b44_s

顔に出来てしまったシミ。
ショックですよね、できるなら今すぐそのシミを消したいと思うでしょう。

でもどうすれば良いかお悩みの方も多いのではないでしょうか。
今回はシミの治療方法についてご紹介します。

 

シミの治療方法

シミの治療方法としては、大きく分けて3種類あります。

内服薬(飲み薬)
外用薬(塗り薬)
機器による治療(レーザーや光)

市販薬の内服薬・外用薬も比較的安価なので手に入れやすいですが、余計な成分が入っていたり、シミに効く成分が十分な配合量じゃない場合も多いので、内容を確認することが大切です。

 

内服薬(飲み薬)

7b76ffe7dd14020d377557bf30bdd80a_s

シミ治療のひとつとして、内服薬があります。
ビタミンC誘導体やトラネキサム酸などを内服し、内側からメラニン色素の生成を抑制する治療方法です。
内服薬は、成分によっては、胸やけや嘔吐などの副作用も懸念されるので、クリニック専売品や専門医から処方されたものを服用するのが一番良いです。

もし市販薬を購入する場合は、薬に不自然な加工がされていないものや、きちんとした大手製薬会社で出しているようなものを選ぶようにしましょう。

 

外用薬(塗り薬)

7a67d56ad959797ba0e86eb14b7637a6_s

クリームなどの外用薬は、シミ治療やケア方法の中でも、多くの方が使用している方法ではないでしょうか。
普段のスキンケアのついでに一緒に塗れるという手軽さがあります。
シミの外用薬は美白・漂白効果があったり、ターンオーバーを促す作用がありますが、美白・漂白効果がある分、肌への負担もあります。
肌にダイレクトに塗るため、独断で薬を選び使用すると健康な肌もかぶれてしまう、というケースです。

きちんと医師に処方されたものを使用し、指定された方法で指定された回数を塗るようにするのが安全です。

 

シミ治療で使用する治療機器

Qスイッチヤグレーザー_1

KTP532レーザー
日光シミ、雀卵斑(そばかす)、扁平母斑など。

炭酸ガスレーザー
盛り上がりのあるシミ、ほくろ、いぼ、ニキビ、ニキビ痕など

シミをダイレクトに治療する方法としてレーザー治療が大きな効果をもたらします。
「本気でシミを消したい」と思っている方は、レーザー治療をオススメします。

それか、外用薬や内服薬をしばらく続けてみて、もし効果が全く表れなかったり、副作用がある場合は、レーザー治療に切り替えてみることを検討してください。

一度できてしまったシミは、なかなか消えてくれないのが実際のところです。
外用薬や内服薬は、レーザー治療と比べて「シミが消える」とはっきり言えない部分があります。

※シミの仲間である肝斑の場合、これらの治療機器の出力は強すぎて逆効果ですので、低出力のレーザートーニングを使用したり、肝斑の色味を強調してしまっている肌の赤みをケアするレーザージェネシスを使用するのが一般的な治療方法の一つです。

肝斑の治療方法についてはこちらをご参考ください

 

レーザー治療で「シミの部分がきれいになる」までの期間

433c430affee9d04dc1892cc2b76b84e_s

レーザーでの治療後、約3か月間くらいは定期的に通院して治療部分の様子を医師に診てもらうことが大切です。
塗り薬や飲み薬で様子をみていきますが、しばらく経過してまだシミの色素が残っている場合、さらに2回目のレーザー治療をする場合もあります。(※札幌シーズクリニックは2回目のレーザー治療は無料です。)

シミのレーザー治療は、内服薬や外用薬と違ってダウンタイムがあったり、治療部分に肌色のテープを貼ったり、かさぶたが剥がれたり、という過程があります。
治療したシミの部分が「綺麗になくなった」と言えるには、半年~1年、2回目の治療がある場合は1年以上、と考えておくと良いでしょう。

はっきりと見えるシミを除去したい場合は、ダウンタイムの期間は気にはなりますが、やはり機器での治療方法と、レーザー治療後の根気なケアを続けることが一番近道です。
結婚式など、大事な行事に向けてシミ治療をお考えなら、余裕を持って治療計画を立てるようにしましょう。

 
札幌シーズクリニックのシミ治療
札幌シーズクリニック院長ブログ「シミ取りレーザーを体験した患者様に感想をうかがいました」

 

レーザー治療する上での注意点

レーザー治療は、治療技術が効果を左右させます。
経験の浅い医師やスタッフ、誤った判断での治療は効果が表れないどころか、逆効果につながってしまうことがあります。
逆に、熟練された信頼のおける医師によるシミ治療は、どこにシミがあったか分からないくらい、綺麗に除去してくれます。
必ず、実績のある経験豊富な医師に治療してもらうようにしてください。

札幌シーズクリニックのこだわり
美容皮膚科、美容外科、皮膚科、エステとの違い

こちらも是非ご参考いただければと思います。