教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > 毛穴治療 > 自宅でできる毛穴ケアと美容皮膚科の毛穴ケア

自宅でできる毛穴ケアと美容皮膚科の毛穴ケア

2016.01.28毛穴予防・治療

美肌へのケアはいろいろですが、自宅で手軽にできるセルフケアの代表は「毛穴パック」。
しかし、粘着型の毛穴パックは肌を痛めてしまうこともありますので、あまりオススメしていません。

 

毛穴ケアのステップ

毛穴パックや毛穴引き締めやクレンジング商品がたくさんあるので、毛穴ケアについてのご質問は多くいただきます。
毛穴のケアで迷われている方は意外と多く、みなさん色々な毛穴ケアを試されています。

今回はご自宅で手軽に始められる毛穴ケアと、ご自宅以上の効果を発揮する美容皮膚科での毛穴ケアをまとめてみました。

KE154_350A

 

ご自宅でできるセルフケア

汚れ取り(目詰まりそうじ)
多くの方が毛穴ケアで行っているのが、クレンジングでの目詰まり掃除だと思います。
様々なクレンジングがありますが、目詰まりのしやすい方はオイルでクレンジングするか、ゲルクレンジングが有効でしょう。
ただ、ゴシゴシこすりながら落としたり使用量を誤ってしまうと、肌に負担をかけてしまいますので注意が必要です。
適量を使い、優しくマッサージするように汚れを浮き出してからぬるま湯で優しく洗い流しましょう。

保湿(ふやかす感じ)
毛穴が開いているときは、汚れが落ちやすい状態です。
蒸しタオルなどを顔に置き、毛穴を開かせてからクレンジングや洗顔をすると汚れが落ちやすくなります。
お風呂でも蒸気で毛穴が多少開きますが、直接蒸気を当てる蒸しタオルの方が毛穴が開きやすいです。

美容エッセンスの効果
美容液などのスキンケア化粧品で肌に栄養をしっかり浸透させ水分のある肌になることで、毛穴に汚れや角質がたまりにくいもちもちしたふっくら肌へ導くことができます。
APPFローションなどのビタミンC誘導体の高い成分が入ったローションは毛穴ケアにも大変人気です。

ピーリング(垢取り)
角質がたまらないようにピーリングケアをして、ターンオーバーの活性化を図る方法も毛穴ケアに有効です。
ピーリングは少なからず肌に刺激を与えるため、肌の弱い方は注意する必要があります。
最近「セルフピーリングや、あかすりのやりすぎ」といったトラブルも見かけますので併せて注意してください。
また、すぐにメイクをしなければならない朝の洗顔時よりも、肌を休める時間のある夜の洗顔時にピーリングを行うと良いでしょう。

KE146_350A

 

美容皮膚科での毛穴ケア

ピーリング
新しい角層の生成やターンオーバー活性化には「ケミカルピーリング」や「ライトケミカルピーリング」、皮脂づまりや肌荒れなどを改善するウェットピーリング施術「シルクピール」は効果的です。
市販で売られているピーリングよりも高い効果を発揮します。クリニックで行うことで肌に合わせた安全なピーリングが行えます。

痛みのソフトな光・レーザーケア
フォトシルクプラスなどのソフトなレーザーは痛みが少ないので、痛みを感じるレーザー機器よりもストレスなく治療を受けることができます。また、セルフケアよりも肌のハリ、毛穴の引き締め、キメが整うなどの効果が断然早く出ます。

フラクショナル型の肌表面リフォーム
毛穴の目立たない赤ちゃん肌へ導く「新しい肌へリセット」を図ります。
レーザーの痛みを緩和させるために、表面麻酔をしながら治療を行い、一回の治療から新しい肌への入れ替わりを実感いただけます。
回数を重ねれば重ねるほど効果が大きくなります。

ケミカルピーリング_2

 

下がり肌の方は浸透度の高いビタミンCを

目じりや口角のハリが失われ、ファンデーションを重ね塗りしてもカバーできない「下がり肌」があります。
下がり肌は、毛穴の開きを目立たせ、キメの粗さも強調されてしまいます。

そのような方にもピーリングはおすすめですが、まずは日々のスキンケアで、高い浸透度のビタミンCを摂取して予防していきましょう。
当院でも取扱っているビタミンC誘導体の高い「APPFローション」は大変オススメです。

appflotion

 

まずはご自宅でできるケアを進めてみて、セルフケアだけでは限界を感じてきたら、改善に向けて美容皮膚科での毛穴ケア・治療にトライしてみてはいかがでしょうか。

フォトシルクプラス_1