教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > 肝斑治療 > 肝斑治療で失敗や悪化しない為に、知っておくべきこと

肝斑治療で失敗や悪化しない為に、知っておくべきこと

2016.03.10肝斑予防・治療法

肝斑に有効な治療方法「レーザートーニング」。
全国の美容皮膚科で行われている非常に優秀な治療方法ですが、実は最近、レーザートーニングで肝斑治療をする上での問題報告が増えてきています。

肝斑治療での失敗

 

肝斑治療で問題視されていること

レーザートーニングは肝斑に効果的で優秀な治療機器なのに、なぜ問題が起きているのでしょうか?
それは、複数の人が治療に関与する場合に多いようです。

・治療の時々で照射する施術者が違う
・肌を診断する人と照射する人が違う

といったように、入れ代わり立ち代わり複数の施術者が治療をしているため「統一した治療ができていない」ことが原因になっています。

medlite_img_0

肝斑に気づかず他の機器で治療した結果、肝斑が悪化した事例も

レーザートーニング以外の治療機器で、肝斑が悪化した事例もあります。
診察時に隠れた肝斑を見つけらないまま、経験の浅い施術者が美肌目的でフォト系の治療を行った後に、肝斑が発症してしまったという事例です。

フォト系の治療機器は美肌治療に有効なマシンです。シミ予備軍もケアできる優れものですが、誤った判断で治療するとお肌の状態が悪化してしまうリスクもあるのです。

肝斑は目で見えていなくてもお肌の奥に隠れています。
美肌目的でフォト系の治療を行なう際も「肝斑が隠れてないか」「この治療を行って良い肌かどうか」という判断が出来ているかどうかで、治療の結果は一転します。

 

“肝斑治療の失敗”を防ぐのは信頼と実績のある医師の治療

良い医師やクリニックに出会うことはとても大切なことです。これはどの分野でも同じですよね。
美容皮膚科医は全国にたくさん居ますが、経験や実績は同等ではありません。

レーザートーニングが肝斑に有効な治療機器であっても、肌の症状の判断や治療の仕方によって治療効果には雲泥の差が生じます。
特に肝斑は原因が複雑で、生理周期などでのホルモンバランス変動、ストレス、紫外線などにも影響されます。

単にレーザートーニングとイオン導入だけで終わらせるのではなく、肌状態に応じて肝斑のタイプを慎重に分類しながら計画を立てて行くことがとても大切です。

信頼できる一人の医師に最後まで診てもらうのがベスト

何度もお伝えしていることではありますが、やはり一人の医師が診断し、その医師が照射するというスタイルが安心できる基準となります。

たとえ「照射するスタッフが毎回違っても全員実績と経験が豊富な医師で、しっかり情報交換がなされている美容皮膚科」だとしても、そういったクリニックを探すのはなかなか大変ですし、それを見抜くのも困難です。

実際には、レーザーをする施術者が医師ではなく、スタッフが行っているクリニックも多いのが現状です。
治る可能性のある症状であっても治療する側の技術や知識が十分でないと、効果が発揮されないどころか悪化する可能性もあります。

お肌の悩みは、熟練された医師による確かな判断と施術で解決してきましょう。
最初から最後まで一人の医師にしっかり診てもらえる信頼のおけるクリニックに出会ってください。

初診にて、治療方法や担当医師の確認をすると良いでしょう。

札幌シーズクリニックの院内風景

 

肝斑治療は「肌の表面にこびりつく前」に。

肝斑の特徴は人それぞれで異なるので、「肝斑がどんなタイプで、どんな治療をするべきか」の判断がとても重要です。

・発症し始めの肝斑
・日光シミの周りに出始めた肝斑
・一度消えた後に再度出始める肝斑

このような「出始めの肝斑」と「しばらくお肌に居座っている肝斑」とでは、肝斑の特徴が異なるので治療の反応が変わってきます。
肝斑とシミが合併している場合は特に工夫を凝らさなければなりません。複数の治療機器で治療する際には、シミ治療で使用する高出力レーザー治療のタイミングも考えながら治療を行います。

肝斑の出始めの時期が過ぎてしまって表皮にこびりついた肝斑の場合、美白美容液やクリーム、飲み薬のトラネキサム酸ではほとんど効果がでないというのが現実です。
お肌のくすみが気になり始めている方は、早めに受診することをおすすめします。

トラネキサム酸配合の飲み薬「トランシーノ」の効果は?

Qスイッチヤグレーザー

肝斑を発症した多くの方が「トラネキサム酸」を内服したことがあるとおっしゃいます。
薬局で売られているトラネキサム酸配合の飲み薬「トランシーノ」は、3ヶ月間飲み続けるというルールがあるようです。

しかし、残念ながら私個人的には、3ヶ月間内服しても肝斑の治療効果を実感された方に出会ったことはまだ一度もありません。
内服薬での肝斑の効果は千差万別。それは、肝斑治療は一筋縄ではいかないという理由が関係しているからでしょう。

トランシーノを3ヶ月飲んでみて変化が無かった方、レーザートーニングを体験したことがあるけど理想の結果が得られなかった方、ご予約の方法をご確認のうえ、札幌シーズクリニックでの初回無料診察・カウンセリングをご検討してみてください。

当院は、診察はもちろん、レーザートーニングをはじめとするレーザー治療は、全てを院長が行っています。

tel

公開:2015.6.18|更新:2016.3.10