教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > 肌質改善治療 > スキンケア「保湿」で潤いある若々しいお肌に

スキンケア「保湿」で潤いある若々しいお肌に

2015.07.09美肌 美白

美しい肌へ

毎日の適切なスキンケア(保湿)は、大きな結果を生み出します。

どの分野でも同じですが、「日々の継続」が結果を大きく変えるものです。

 

角質表面の水分量の保持して、毎日お肌に潤いを。

お肌の潤いの秘訣として最も大切なのが、「角質表面の水分量」です。乾燥肌のほとんどは、乱れた角質表面が問題になっています。

 

角質表面の潤いを保つためには、皮脂による保護膜が必要です。

皮脂は水分を保つための大切な保護膜で「天然クリーム」とも言われ、以下のような様々な役割を果たしています。

・皮膚の表面を滑らかにする

・細菌の増殖を防ぐ

・水分の蒸発を防ぐ

・摩擦から防ぐ

 

皮脂は男性ホルモン(アンドロゲン)の刺激によって分泌されます。

分泌量が足りない場合の補給ケアとしては、植物油(ツバキ油など)や鉱物性油(ワセリンなど)でケアし保湿を補うのが一般的ですね。

 

最近では、お肌が潤うために必要な水分量やセラミドなどの細胞間脂質が補える、さまざまな保湿ケア用品が誕生しています。

まずはご自宅でしっかりと保湿をして、潤いを保ちましょう。

 

 

見た目年齢が左右されやすい目元は特に日々のケアを。

スキンケアの中でも特に気をつけていきたいのが「目元」のケア。

目元は皮膚が薄いわりに毛細血管が多く、まばたきなどでも日々過酷な回数の動きをこなし、頬とは働きも性質も全く異なります。

 

目元の肌は傷みやすい特殊な肌なので、目元の小じわに関しても単発で単純なケアでは治まりません。

目元の老化が気になる方、目元のシワ予防をお考えの方は、美容皮膚科での保湿を中心とした定期的な目元のお手入れをおすすめ致します。

札幌シーズクリニックの場合は、小ジワやクマなどの目元のお悩みに目元トータルケアコースをご用意しており、ご自宅で出来る目元ケア用品は、ハイドロペプチドアイオーソリティをオススメしています。

美容皮膚科には、目元のお悩みを解決するための治療やケア用品などがありますので、利用してみると良いでしょう。

 

ピーリングはターンオーバだけでなく保湿効果もある。

新陳代謝が悪くなり肌表面についた古い角質を剥がし、それにより肌のターンオーバーを活性化させるのがピーリングです。

さらにそれだけではなく、ピーリングで使用する乳酸やグリコール酸などの薬剤には、保湿効果があります。

古い角質がマイルドに除去されると、肌細胞(表皮のケラチノサイト)から自分のヒアルロン酸分泌がUPする効果も大きくなるのです。

ヒアルロン酸・・・水分の保水力にすぐれた物質。(ヒアルロン酸1gで水6リットル保持できる)

 

日々のお肌のお手入れで大切な「保湿」。

特に目元は見た目年齢左右させる特殊な部分です。

 

日々の保湿ケアや美容皮膚科での定期的なケアは若々しいお肌を維持していきましょう。

お顔に潤いがあるとふっくら若々しい印象を与えてくれますよ。