教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > シミ治療 > 年代別(20〜50才)シミの特徴と治療法

年代別(20〜50才)シミの特徴と治療法

2015.05.21シミ予防・治療法

JV135_350A

シミの特徴や治療法は、
年代によって異なります。

年代別のシミの特徴をチェックして、あなたのシミ予防や治療の計画に役立ててください。

 

50代のシミ

長年のお肌に蓄積された紫外線やメイク時のお肌をこすることの刺激で、エイジングによるお肌のダメージは逃れられない年代です。

日光シミや肝斑、脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)など数種類のシミがお肌に混在しているため、症状に合うシミ治療が必要です。

50代のシミについての記事
シミが混在する50代以降は複数のレーザー治療で解決

 

40代のシミ

日々のメイクやメイク落としの摩擦の影響がお肌に現れ始めたり、シミや肝斑が一気に目立ってしまい、一刻も早い治療を望まれる方が多い年代です。

ですが、肝斑の発症の勢いがあるうちは、レーザー治療をしてもなかなか薄くならないので、まずは医師にお肌の状態を診てもらい、お肌がレーザー治療で肝斑が薄くなる状態であるかを確認しましょう。

40代のシミについての記事
40代のシミのレーザー治療は効果が出にくい場合がある

 

30代のシミ

仕事のストレスや出産などでホルモンバランスが崩れ、その影響で出てくる肝斑でお悩みの方が多い年代が30代。

肝斑は、一筋縄ではいかないことが多いので、健康の観点から考えても、飲み薬でトラネキサム酸を飲み続ける方法よりも肝斑に直接トラネキサム酸を導入する治療法をおすすめ致します。

30代のシミについての記事
30代の「肝斑」治療は、慎重なレーザー出力設計が大切

 

20代のシミ

シミに見えてシミではなく、遺伝や体質のメラニン色素だというケースが多いのが20代。

まずはシミのようなものが目立ちはじめてきたら、医師に正しく診断してもらいましょう。
中には、メラニン色素であっても、シミよりも根深い場所に潜んでいることもあります。症状に対して適切な除去治療をする必要があります。

20代のシミについての記事
20代は「シミ」のようでシミではない場合がある。

 

あくまでも各年代に多い症状としてご紹介させていただいてますので、あてはまらない場合もあります。
参考の上、ご自身で判断しにくい場合はお近くの専門医にご相談して、早期解決を目指してくださいね。