教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > 毛穴治療 > 開いた毛穴がシミに見える「シミもどき」とは。

開いた毛穴がシミに見える「シミもどき」とは。

2016.01.07毛穴予防・治療

顔に現れるシミのようなもの…。実はシミではなく、「シミもどき」かもしれません。

660c71b77eb7768dbf21599de24dcfc8_s

 

シミのようでシミではない「シミもどき」

パッと見ただけだとまるでシミのようでも、実はシミではなく「シミもどき」だったという方が時々いらっしゃいます。
この「シミもどき」は、毛穴が原因というケースが多く、昔のニキビ痕や開いた毛穴が一箇所に集中することで、シミのように見えてしまうというものです。

また、原因は毛穴の他にも単なる光の当たり加減の影響だったり、顔の部分的なたるみの場合もあります。

 

注意!「シミもどき」にシミ治療は効果なし!

シミもどきはシミではなく毛穴によるものなので、紫外線によるメラニンが原因ではありません。
ですので、シミ取りレーザーやフォト系のメラニンにアプローチする治療機器を使っても、効果は期待できません。

また、レーザー治療でよく懸念される「二次性の色素沈着」が発症すると、返って目立ってしまうこともあります。

liza5450151200417

 

毛穴による「シミもどき」の治療は、毛穴の引き締めから

紫外線による日光シミではなく毛穴の集合体による「シミもどき」の場合は、肌質改善の治療で毛穴にしっかりアプローチする方法を行います。
フラクセルレーザー2で微妙な肌の陰影や毛穴の開きを少しずつ引き締めて調整する毛穴治療が、良い結果に繋がります。

もし、あなたの肌で現れているものが「シミかな…」と思っていたものが、毛穴の集合体によるものや、たるみによるものかもしれません。または、本当に「シミ」かもしれません。

肌の症状によって治療方法が全く異なりますので、あなたの肌で気になることは、信頼できるクリニックで診断してもらうことが先決です。
症状に合った正しいケアで美肌を目指しましょう。

547c58ae4a2377c29c808f432a8dc456_s