教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 治療メニュー > 肝斑治療 > 肝斑に良い食べ物で効果的に改善!食事でも美容対策を

肝斑に良い食べ物で効果的に改善!食事でも美容対策を

2018.01.18肝斑予防・治療法

肝斑、できるだけ早く治したいですよね。
治療機器を使った肝斑治療を始められている方でも、より効果が実感できるよう「食べ物で内側からも改善できないかな?」と思われることも多いかと思います。

肝斑を治すためにはスキンケアや飲み薬、機器での治療など総合的なアプローチが効果的ですが、治療を補助する役割として美肌効果のある食べ物を積極的に取り入れてみることもおすすめします。

今回は、肌に良い栄養素などについてご紹介します。

 

肝斑に効果的な栄養素4つ

肝斑の原因は、実ははっきりとは分かっていないというのが現状ですが、ひとつの原因として考えられているのがホルモンバランスの乱れ。
女性には様々なライフステージがあり、月経・妊娠・出産・閉経・更年期障害の時期はホルモンバランスが崩れやすくなります。
また、職場やご家庭での強いストレスなどでも悪化しやすいようです。

そこで肝斑に良い栄養素は、ホルモンバランスを整えてくれるものや美肌に効果があるものを選ぶと良いでしょう。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの1つである「エストロゲン」と似た構造をしていることが分かっており、同じような働きをすることから「女性の味方」として有名です。
エストロゲンは肌の新陳代謝を促したり、自律神経を安定させたりすると言われています。
また、エストロゲンは加齢とともに減少してくると言われていて、更年期障害や生理の乱れなど女性特有の悩みにつながります。

同様の効果が得られる大豆イソフラボンで、女性ホルモンの乱れを予防しましょう。

<大豆イソフラボンが豊富な食品>
納豆・豆乳・きな粉・油揚げ・豆腐・味噌

一日の目安量は、納豆であれば一日1パック。
おやつを豆乳飲料にしたり、きな粉をヨーグルトのトッピングにしたり、大豆の水煮をサラダに入れたりと取り入れる方法はたくさんあります。
摂り過ぎはよくありませんので、他の食品も取り入れながら適度に召し上がってください。発酵食品は腸の常在菌を良い状態に導いてくれます。これもまわりまわって美肌に効果を発揮するでしょう。

ビタミンC

ビタミンCは美肌効果を持つ栄養素として有名ですね。
シミのもとになってしまうメラニン色素を作りにくくするだけでなく、肌のハリに欠かせないコラーゲンの生成にも必要な栄養素です。

<ビタミンCが豊富な食品>
果物(柑橘類やいちごなど)・野菜・いも

ビタミンCは熱に弱く、水に流れやすい水溶性のビタミンなので、加熱のし過ぎや水にさらし過ぎるのは厳禁です。
新鮮な状態で生のままいただくのが良いですね。

ビタミンE

抗酸化作用を持つと言われるビタミンE。
美肌効果が期待できるので、ぜひ摂りたい栄養素です。

<ビタミンEが豊富な食品>
ナッツ(アーモンドなど)・うなぎ・かぼちゃ・アボカド

上に挙げた食品を見てもわかるように、近年「美容効果が高い」と注目を集めているものばかり。
サプリや薬の過剰摂取には注意が必要ですが、食品から取り入れる程度であれば問題ないとされているので、日常的に意識して摂りたい栄養素です。

ビタミンB6

ビタミンB6は、皮膚や粘膜の健康維持に効果があると言われている栄養素。
ビタミンB6が不足すると、皮膚炎や口内炎などを起こしやすくなります。
月経前症候群(PMS)の方にもビタミンB6不足が見られたという研究があるので、女性には欠かせないビタミンと考えて良いでしょう。

<ビタミンB6が豊富な食品>
魚類(カツオ、まぐろなど)・レバー・肉・バナナ

バナナには抗酸化作用もあると言われているので、美肌にはもってこいの食品。
バナナは1日1本で欲しい栄養素が補えるのも魅力です。

 

生活習慣を整えることも大切

実は、栄養素だけでホルモンバランスを整えるのは難しいです。
肝斑の改善は食事からだけでなく、ストレスを減らす生活をする、紫外線対策をきちんとするなどといった生活習慣を整えることも大切です。
早寝早起き、栄養バランスのとれた食事をとる、適度に運動するなど、基本的な生活習慣を整えることでホルモンバランスは整いやすくなります。

それに加えて、直接、肌にダメージを与える紫外線をきちんとブロックするのは肝斑治療にとても大切なことです。
肝斑も他のシミと同じく、紫外線の刺激によって悪化します。
せっかく食べ物から美肌に良い成分を取り入れても、外からのダメージが強ければ活かしきれません。

食べ物から取れる栄養素は、一朝一夕では効果が得られません。
毎日コツコツが大切です。

 

まとめ

肝斑の改善や美肌効果を期待できる栄養素は

・大豆イソフラボン
・ビタミンC
・ビタミンE
・ビタミンB6

ただし、これらの栄養素だけ摂ればいいというわけではなく、食事はバランス良く取るのが基本です。
加えて、ホルモンバランスを整える規則正しい生活を送ること、ストレスを減らすこと、紫外線対策をしっかりすることも、肝斑の改善には大切なことです。
機器での治療などと併せて食べ物や生活習慣の改善も意識してみてください。