教えて!大久保院長ブログBlog

トップ > 教えて!大久保院長ブログ > 毛穴予防・ケア > 毛穴をきれいにする治療計画

毛穴をきれいにする治療計画

2018.10.13毛穴予防・ケア

毛穴をきれいにするための 治療計画にあたっては

いくつかの方法を組み合わせることを勧めています。

もともと 毛穴の開きや 皮脂量などは

シーズンや 体調 ホルモンバランスの変調

肌の保湿状態など いろんな影響を受けますから

ご自宅でのケアも 計画の大切な土台となります。

まずは ご自分の肌が 乾燥タイプか オイリータイプか

ある程度チェックした上で

保湿や 洗顔について 見直しをしてください。

シーズクリニックでのプログラムでは

毛穴の状態 もともとの肌状態 とあわせて

提案する内容を 細かくアレンジしています。

①毛穴の黒ずみが気になる場合

実感がでるのは 定期的な黒ずみの除去です。

角層ケアとして ケミカルピーリングや シルクピール クリスタルピール

をベースに、トレチノインも提案します。

さらに 一歩踏み込む場合は

レーザートーニングやジェネシスによる 軽い分解も併用します。

角層ケアやレーザーでの熱刺激は お肌を一時的に乾燥させます。

お肌をガードし 引き締め効果を高める意味でも

メソポレーションでの薬剤導入と

ご自宅でのスキンケアについて アドバイスしています。

②毛穴の開きが気になる場合

毛穴の汚れや黒ずみだけでなくて 開き気味の毛穴については

少し攻めの計画が必要になります。

表面的な角層ケアは ピーリングを組み合わせつつ

トレチノインも併用を基本とします。

また、ダウンタイム(赤味など普段の生活への制限など)が

どうしてもNGの場合は

レーザートーニングやジェネシス と ライムライトの併用で

対応していきいますが、

一部に ニキビ痕のような 軽い凹みもミックスした毛穴タイプの場合

場合によっては フラクセルレーザー2を 部分照射の提案をします。

フラクセルレーザー2は 数日程度の赤味や 照射中の刺激があるので

初回は 試験照射・体験照射で 感じをつかんでもらっています。

③ファンデーションでも隠れないニキビ痕(クレーター)

こちらは 最初から攻めの計画が必要です。

フラクセルレーザー2とトレチノインを併用し

合間に クリスタルピールやシルクピールで

角層をややしっかり ピーリングしていきます。

お肌には負担がかかる治療内容なので

メソポレーションでの 併用保護(ヒアルロン酸 鎮静薬剤 等々)を

しっかりと導入することが大切です。

④ある程度治療効果が安定した後

毛穴は ほおっておくと 良い状態をキープし続けることはありません。

出来る範囲で メンテナンスを計画します。

表面的な角層ピーリング や ライムライト・ジェネシスでの

引き締め刺激とメソポレーション導入も良いです。

また、たるみも少しずつ影響する場合には

サーマクールでのお肌の土台作りも検討します。

毛根や毛幹が埋まっている 真皮の深さを中心に

しっかりとした熱だまりを作ることで

新しいコラーゲン産生と その刺激が波及することで

お肌表面の引き締めやハリ感へとつながります。

年齢肌も同時に気になる場合は

さらに ウルセラでの筋膜引き締めも さらに効果を発揮します。

お肌の構成細胞のシグナルなどの関係でしょうか

深い部分を刺激すると 表面に向かって

良い刺激が 連鎖反応を起こす不思議な効果も期待できます。

もちろん ハリやたるみへの効果で

ナチュラルな良い印象も じわじわと出てくるでしょう。